北朝鮮軍の食堂で“悲しい”落書き発見、食糧不足で兵士らの不満高まる

配信日時:2018年7月8日(日) 19時40分
北朝鮮軍の食堂で“悲しい”落書き発見、食糧不足で兵士の不満高まる
画像ID  995914
4日、北朝鮮のある部隊で何とも“悲しい”落書きが発見され、当該機関が調査している。写真は北朝鮮。
2018年7月4日、北朝鮮のある軍の部隊で何とも“悲しい”落書きが発見され、当該機関が調査している。

韓国・アジア経済によると、米ラジオ・フリー・アジア(RFA)は現地の消息筋の話として、北朝鮮軍幹部らの補給物資の横領が深刻化したことにより軍隊の給食状況が悪化し、兵士らの不満が高まっていると伝えた。

消息筋は「一部の兵士が食堂の壁に『大まか食堂で大まかに食べていく』と落書きする事件が発生した」とし、「最近、軍幹部らの補給物資横領により兵士らの食生活さえも厳しくなっている。兵士らがこれに耐えられず、落書きで不満を示すまでに達した」と話したという。なお軍機関では落書き事件の首謀者を調査中とのこと。別の消息筋は「人民武力部傘下の多くの部隊で補給物資の横領が横行している。ある部隊では軍用米を市場に売っていたことが発覚し、住民らから非難が殺到したこともある」「状況の悪化により、軍の上級幹部らが下級幹部らに対して私的に金銭やタバコを要求する行為も増えている」と主張したとのこと。これを防ぐべく人民武力部に「軍人生活検閲」という専門検閲部署まで新設されたが、物資の横領は改善していないそうだ。

国連食糧農業機関(FAO)は、最近発表した報告書「作況予測と食糧状況」で、北朝鮮を食糧不足国家(39カ国)の1つに指定している。FAOは北朝鮮が昨秋に140万トンの米を生産したものと推算。これは2016年の170万トンから約18%減少した規模という。また北朝鮮が昨年11月~今年10月に外部支援や輸入で賄わなければならない食糧不足量は、前年より増加した64万1000トンに達すると予想。米農務省も、2028年に北朝鮮住民の43.7%に当たる1160万人余りが食糧不足に苦しむものと予想している。

これを受け、韓国のネット上では「北朝鮮のことは放っておいたらいい」「北朝鮮に解決策を提示して。金正恩(キム・ジョンウン)を除いて韓国に無条件で降伏するなら人民らの空腹の解決は朝飯前だと」「北朝鮮の心配をしてる場合じゃない。自国民も飢え死にしそう」「韓国の軍隊でも同じ問題がある」「文大統領!北朝鮮軍が空腹で戦闘力がなくて大変です。早く韓国の米をあげて空腹を満たし、戦闘力を上げましょう。たとえ韓国が滅びても北朝鮮が優先なんでしょ?」など、さまざまなコメントが寄せられた。(翻訳・編集/松村)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/07/10 14:33)

    太平洋戦争末期の日本軍みたいだな・・・ 屯田兵みたいに自給自足でもしてりゃマシなのかも知れないが。 つまりは国力と兵力が見合ってないって事なんだよね。 国力に見合わない大規模の軍隊ってのは、国の足枷にしかならないっていういい例だと思うよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事