「金委員長は軍の完全制御ができていない」米専門家の指摘に、韓国ネットは疑いの目

配信日時:2018年7月4日(水) 17時40分
「金委員長は軍の完全制御ができていない」米専門家の懸念
画像ID  995912
4日、韓国メディアによると、米国の北朝鮮専門家ゴードン・チャン弁護士が2日(現地時間)、金正恩朝鮮労働党委員長が軍を完全に制御できていない可能性を指摘した。写真は北朝鮮。
2018年7月4日、韓国・中央日報によると、米国の北朝鮮専門家ゴードン・チャン弁護士が2日(現地時間)、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が軍を完全に制御できていない可能性を指摘した。

記事によると、チャン弁護士は米国のテレビ番組に出演し「米朝首脳会談後も北朝鮮が核プログラムを放棄していないのには、さまざまな原因が考えられる」と述べた。チャン弁護士は「ボルトン国家安全保障担当補佐官が言ったように、北朝鮮が武器プログラムを放棄することに戦略的決定を下したなら、速やかに実行される」とし、「その場合はここ数週間の北朝鮮の動きを心配する必要はない」と主張した。その一方で「もしそうでなければ、米国の政策に新しい変化が要求される」と指摘し、「さらに懸念される点は、金委員長は武器プログラムを放棄したいが、将軍たちを説得できておらず、彼らを制御できていない可能性があること」と強調した。

さらに、最近北朝鮮軍の首脳部3人が入れ替わったニュースにも言及し「金委員長が(軍部の)完全な制御ができていないことを示唆している」とし、「北朝鮮が武器放棄以外の選択をしないよう圧力をかけなければならない」と述べたという。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「間違った考え方だ。軍部を制御できていないのに、どうやって今のような絶対権力を振るえるというのだ」「完全な憶測に過ぎない」「今になって、権力基盤が弱いなんてことない」など疑念の声とともに、「もしそうだったらクーデターが起きるかも」と予想する声が寄せられている。

また「北朝鮮の独裁を批判しながら、独裁を望むという二重構造だ」とチャン弁護士の主張の矛盾に言及する声も見られた。(翻訳・編集/三田)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事