中国人留学生は和食に興味津々、調理師目指す人は7年で数倍に―華字紙

配信日時:2018年6月8日(金) 8時50分
中国人留学生は和食に興味津々、調理師目指す人は7年で数倍に
画像ID  995866
6日、華字紙・日本新華僑報は「日本で和食を学ぶ中国人留学生が増えている」と紹介する記事を掲載した。資料写真。
2018年6月6日、華字紙・日本新華僑報は「日本で和食を学ぶ中国人留学生が増えている」と紹介する記事を掲載した。

記事は冒頭、「日本にいる外国人留学生の進路選択にある変化が生じている」と指摘し、和食に興味を持つ人が増加していることを説明。全国調理師養成施設協会のデータとして、17年度の調理師養成施設の留学生数が10年度の2.4倍の424人だったことを伝えた。出身国・地域別の最多は中国の134人で、以下、韓国103人、ベトナム66人、台湾62人などと続いている。中国は10年度に比べ110人以上の増加だ。

記事はまた、「海外の日本食レストランは17年10月時点で11万8000店。前回調査(15年7月)から3割増えた」という農林水産省のデータを取り上げ、「農水省はアジア地域、とりわけ中国の消費レベルの向上がレストラン増加の主な原因と分析している」と説明。日本政府が世界を舞台に和食の普及に力を入れていることや農水省による国内外の日本食関係者などを対象とした「日本食普及の親善大使」の任命、農水省の定めた「海外における日本料理の調理技能の認定に関するガイドライン」に基づく認定制度があることを報じた。(翻訳・編集/野谷
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/06/08 10:48)

    中国人よ自国の料理に魂を注ぎ込め‼︎ はっきり言って、日本料理が上手いのではない。 日本人が作るから美味いだけ。 日本人は、子供の頃からほんの少しづつでも美味しいものをそれをより美味しくと向上心が強いのだ。 だから中国人が日本料理を作っても日本人には敵わない。 だからこそ中国人は、中国料理、中華料理を極めろ。 日本人は皆中華料理が大好きだ。 今の中国の中華料理と日本国内の中華料理は違うそれは、日本の改良されて安全でおいしい野菜をふんだんに使った中華料理が発展されてきたから、それを習ってより美味しい中華料理を作ろうよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事