Record China

ヘッドライン:

「沖ノ鳥島は岩礁ではなく島」国連機関が認定=中韓の反対押し切り―中国メディア

配信日時:2012年4月30日(月) 10時5分
拡大
27日、日本政府は沖ノ鳥島北部など太平洋の4海域が日本の大陸棚として国連大陸棚限界委員会に認められたことを発表した。中国は反発する姿勢を示している。写真は沖ノ鳥島。
(1/2枚)

2012年4月27日、日本政府は沖ノ鳥島北部など太平洋の4海域が日本の大陸棚として認められたことを発表した。中国は反発する姿勢を示している。28日、フェニックステレビが伝えた。

その他の写真

国連海洋法条約では、沿岸国の領土と連続した大陸棚については、排他的経済水域(EEZ)以外の海域についても権利を認めると規定している。日本政府は2008年に7海域74万平方キロメートルを申請。このたび4海域約31万平方キロメートルが認定された。レアアースなど海底資源開発の期待が高まっている。

残る3海域のうち2海域が却下されたほか、沖ノ鳥島南方の1海域については継続審議となった。中国、韓国は沖ノ鳥島を島嶼ではなく岩礁だと主張、関連海域を審査しないよう求めていた。このたび沖ノ鳥島北方海域の権利が認められたことで、国連は沖ノ鳥島を島嶼と認定したと日本政府は見なしている。(翻訳・編集/KT)

関連記事

陸委会の頼主任委員、中国側の「尖閣諸島をともに守ろう」発言に反論―台湾メディア

26日、中国国務院台湾弁公室の範麗青・報道官が「両岸(中台)どちらにも尖閣諸島を守る責任がある」と発言したことについて、台湾行政院大陸委員会(陸委会)の頼幸媛・主任委員は「賛同しない」と反論した。写真は5日、大連港に停泊中の中国空母ワリャーグ。

Record China
2012年4月27日 19時5分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング