たばこを吸うため2年間で440回離席した日本の公務員が処分=「これはいいこと」「一休みもしてはいけないのか?」―中国ネット

配信日時:2018年6月7日(木) 6時0分
喫煙で離席した日本の公務員が処分、中国ネット「だめなの?」
画像ID  995787
5日、新浪新聞の中国版ツイッター・微博アカウントの微天下は、たばこを吸うため2年間で440回離席した日本の公務員が処分を受けたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2018年6月5日、新浪新聞の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントの微天下は、日本メディアの報道を引用し、たばこを吸うため2年間で440回離席した日本の公務員が処分を受けたと伝えた。

記事は、「大阪府の健康医療部に所属していた49歳の男性職員はたばこを吸うために2年間で約440回、勤務中に職場を離れ、地方公務員法で定められた職務専念義務に違反したとして訓告の処分を受けた」と紹介した。

また、「この男性職員は約150メートル離れた民間ビルにある喫煙室まで行ってたばこを吸っており、2年間で合計100時間以上職場を離れていた」と説明。処分当日に依願退職したことや、聞き取り調査に対して「1日に2、3回行っていた。ストレスが大きく我慢できなかった」などと話したこと、大阪府では10年前から受動喫煙防止のため、庁舎敷地内で全面禁煙になっていることを伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「これはいいことだ。中国のオフィスビルも禁煙になってほしい。毎日受動喫煙させられているから」というコメントが寄せられ、多くの賛同を得ていた。

しかし、「仕事中に一休みもしてはいけないのか?」「平均すると合理的だと思うのだが」など、処分に対して疑念を抱く意見や、「健康医療部所属だったというのがポイントじゃないかな」「150メートルも離れているなんて、たばこを吸うために一生懸命だな」「職務専念義務なんて中国では想像もできない」などのコメントもあった。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事