SNSユーザーが3億人に、新たな消費トレンド形成―中国

配信日時:2012年4月30日(月) 10時59分
SNSユーザーが3億人に、新たな消費トレンド形成―中国
画像ID  326305
26日、中国のSNSユーザー総数は2011年末現在、3億人に達した。
2012年4月26日、中国新聞社によると、米大手コンサルティング会社のマッキンゼーは25日、「2011年末現在、中国のSNSユーザー総数は3億人に達した。中国は世界で最も多く最もアクティブなSNSユーザーを有する」とする報告書を上海で公開した。人民網日本語版が伝えた。

その他の写真

同報告書「中国SNS−消費の新時代」は、5700人の中国人ネットユーザーを対象とした調査研究であり、中国人消費者のSNSおよびネット利用行為に特化した中国初の調査報告書である。

中国ネットユーザーの増加率は世界一となっている。2011年12月現在、中国のネットユーザー数は5億1300万人に達した。ドイツは6700万人、インドは1億2100万人、米国は2億4500万人。中国人ネットユーザーの半数以上は、1週間に12時間以上ネットを利用すると回答した。

マッキンゼーの調査によると、大中都市の市民のSNS登録率は95%に達した。調査対象者の91%は、過去6カ月以内にSNSに登録したと回答した。この比率は、日本の30%、米国の67%、韓国の70%を大きく上回った。

SNSユーザーの急増に伴い、新たな消費ブームが生まれている。各企業と商品の多くは、SNSを戦略決定の重要情報源としている。うち、SNSが中国消費者の購入決定に与える影響力は、その他の国や地区を大きく上回る。

ある中国人ユーザーは、「SNSで取り上げられた商品の購入を検討する可能性が高い。知り合い・友人がSNSで推薦した商品やサービスを実際に購入する可能性も高い」と回答した。

同調査はまた、中国本土のサイトがSNS利用の主流となっているとした。中国人ユーザーは1日当たり約46分をSNSに費やしている。一方、米国人ユーザーは37分、日本人ユーザーは7分のみとなった。

またSNSの種類により、利用者の構成に変化が生じている。例えばミニブログを好む消費者の多くは所得水準が比較的高く、月収が8000元(約10万4000円)以上に達し、その多くが大都市に居住している。(編集/TF)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事