「あの人たちは日本人なの?人を殺すの?」、中国の子どもの言葉にショック―日本人留学生

配信日時:2018年6月6日(水) 11時30分
「あの人たちは人を殺すの?」中国の子どもの言葉に衝撃―日本人学生
画像ID  995752
6日、環球網は、日本人留学生10人が江蘇省南京市で交流活動を行い、南京大虐殺記念館を訪れたと報じた。
2018年6月6日、環球網は、日本人留学生10人が江蘇省南京市で交流活動を行い、南京大虐殺記念館を訪れたと報じた。

5月下旬、日中学生手話交流会の日本人留学生10人が、南京市の聴覚障害者向け学校で交流活動を行い、中国の手話で中国の曲を歌ったり、日本の伝統舞踊を披露したりした。この交流活動は今年ですでに10年目を迎えており、ほぼ毎年南京を訪れているという。留学生らは現地の子どもたちと交流するとともに、高齢者介護施設や南京大虐殺記念館にも足を運んだそうだ。

記事によると、同交流会実行委員長の藤田安彦氏は、交流活動の場所に南京を選ぶ理由について「日中関係は南京に始まる。南京だからこそ、両国のわだかまりを解きほぐすことができる。歴史の真相は一体何なのか、日本の若者は南京にやって来て、この問題を考えなければならない」と語った。

また、同交流会北京チームの責任者を務める宮崎結希さんは「以前、友人と訪れた時に、近くにいた小さな子が『あの人たちは日本人なの?人を殺すの?』と母親に聞いていて、中国の子どもたちの日本に対する印象はこんなに悪いのかとショックを受けた。そして、日中の青少年交流の大切さをより深く意識するようになった。特に、日本の若者がまず一歩を踏み出さなければ」と思いを語ったという。

記念館の展示内容に、留学生たちは感じるものがあったようだ。今回が2度目の記念館訪問だという北京大学の留学生、渡辺愛理さんは「去年見に来た時には、過去の軍国主義日本と現在の日本を区別するような工夫はほとんど感じられなかった」と語り、今回初めて訪れた島毬絵さんは「日本にいた時に聞いていた反日感情をあおるような展示がなく、日中関係の改善が感じられた」と話したという。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事