バスツアーで出会った日本人、私が考えもしなかった行動に―中国コラム

配信日時:2018年6月5日(火) 22時20分
バスツアーで出会った日本人、私が考えもしなかった行動に
画像ID  995666
中国のポータルサイト・網易に2日、「日本人は一体どれだけ人に迷惑をかけたくないのか?その程度は想像を絶する」と題したコラムが掲載された。日本人の民族性についてつづっている。写真は富士山。
中国のポータルサイト・網易に2日、「日本人は一体どれだけ人に迷惑をかけたくないのか?その程度は想像を絶する」と題したコラムが掲載された。日本人の民族性についてつづっている。以下はその概要。

母校の日本人教授と学会を終え東京に戻ってきた際にこんな出来事があった。教授のご子息は空港の近くに住んでいたため、「迎えに来てもらったらどうですか?」と教授に聞くと、教授は「息子に迷惑をかけたくない。彼にも自分の用事がある」と言い、私と一緒に電車に乗って移動した。

日本の街ではマスク姿の人をよく見かける。中国では他の人からうつされないように自分の健康を気遣ってマスクをすることが一般的だが、日本の場合は風邪などを引いた際に他の人にうつさないようにマスクをするのが一般的だ。

こんなこともあった。日本の電車で離れて座る老夫婦を見かけた。中国なら隣の人に掛け合って席を交換してもらうものだが、他の人に迷惑をかけたくなかったのか、老夫婦が隣の人と交渉することはなく、離れた場所に座り、始終無言だった。

大学を卒業した際に、両親を連れて富士山と東京を観光した。バスツアーで停車する場所も決まっていたが、乗客の1人は自宅から近い駅で降りたいと願い出て、バスが止まることになった。彼は運転手にお礼を言っただけでなく、他の乗客に対して「迷惑をかけて申し訳ない」と謝っていた。運転手に感謝するのは理解できるが、他の乗客に謝罪するとは考えもしなかった。

他の人に迷惑をかけたくないという考えに基づいた日本人の行動は、私から見ると過剰だと感じることも少なくない。それはまるで、社会が日本国民に科した足かせのようにも感じられ、日本人は他の人に迷惑をかけることに戦々恐々としているように見える。島国であり自然災害が多い日本では、生存するために集団内の構成員が協力し合う必要があり、集団からの孤立は生死に大きくかかわった。その名残が現代の日本人にも引き継がれているのだろう。つまり、日本人は他の人に迷惑をかけ、集団から孤立することを何よりも恐れているのだ。(翻訳・編集/内山
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • aj***** | (2018/06/06 00:48)

    見て推測で物を語って分かったふりをする中国人。分析も何も出来ないから全ての事が上手くいかないんだよ。 日本人は戦々恐々としてもいないし、自分の事で他人に時間を取らせてしまって申し訳ないと思って言葉に出るのだ。 自分の事を中心に考えて、他人のことなんかどうでも良いと考える中国人には一生分からない事なんだよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mr.***** | (2018/06/05 23:40)

    別に日本人に限らず、多くの人は良い人でありたいと願っているでしょ。 その良いという基準が、日本ではたまたま他人に迷惑をかけないってことなだけ。 つまり、周りの何かを恐れて迷惑をかけないのではなく、迷惑をかけないことを自ら望んでいるの。 そうでなければ、二度と顔を合わせないだろうバスの乗客に対して謝罪する行動が説明できなくなる。 アメリカ人に比べて日本人は金持ちの寄付が極端に少ないと言われているけど、これも「良い行い」の基準が違うから起こることだね。 中国人は困った親族や知り合いを積極的に助ける特性があるけど、同じ理屈でその点だけを切り取って日本人と中国人の善良性を比較するなんて、本当に本当に馬鹿げた話。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事