Record China

ヘッドライン:

明らかにコピー商品なのに!中国アニメの違法キャラクターグッズ販売、不起訴に―台湾

配信日時:2012年4月26日(木) 19時23分
拡大
26日、中国語圏全体で大人気の中国製アニメ「喜羊羊與灰太狼」のキャラクターグッズを無断で販売していたと指摘された台北市内の商店が、不起訴処分となったことがわかった。写真は北京で販売されている「喜羊羊與灰太狼」のキャラクターグッズ。
(1/4枚)

2012年4月26日、中国語圏全体で大人気の中国製アニメ「喜羊羊與灰太狼(シーヤンヤンとホイタイラン)」のキャラクターグッズを無断で販売していたと指摘された台北市内の商店が、不起訴処分となったことがわかった。台湾・今日新聞の報道。

その他の写真

「喜羊羊與灰太狼」は2005年より中国で放映されている人気アニメ。台湾や香港でも放映されており、台湾ではとくに関連商品がよく売れているという。このほど、台北市内のある商店が11点のキャラクターグッズ(無断で図案をプリントしたポーチやバッグ)を非公式に販売していたとして、台湾で同作の著作権を所有している英商資訊港公司がこれを訴える構えを見せた。しかし、検察機関の台北地検署は、中台間に結ばれた「海峡両岸経済協力枠組み協定(ECFA)」における平等互恵・漸進の原則に従い、この店舗の経営者を不起訴処分としたという。

台北地検署が不起訴とした理由は、「中国本土の著作権法においては、民事訴訟や行政処分を適用することはできるが、刑事責任を追及することはできない」というもの。さらに、関連法でも「営利目的で」「コピー製品の場合は1000点以上」「違法商品による売り上げが10万元(約128万円)以上」という条件に符合しなければ、刑事訴訟を起こすことはできないという。“中国製”のアニメだけに中国ルールが参照されるという、足元をすくわれた形だ。なお、この商店で扱っていた違法商品は、価格にして2100台湾ドル(約5800円)相当だった。(翻訳・編集/愛玉)

関連記事

<中華経済>バンダイナムコ、中国人気キャラ「喜羊羊与灰太狼」で上海に幼児向け遊戯施設

16日、バンダイナムコは、中国でアミューズメント施設の企画運営を行うグループ会社の上海南夢宮有限公司が18日、上海に幼児向け遊戯施設「ナムコランド・キッズ 喜羊羊与灰太狼歓笑楽園」をオープンすると発表した。写真は「喜羊羊与灰太狼2」の制作発表。

Record China
2009年12月19日 6時58分
続きを読む

<上海万博>公式マスコットの盗作疑惑に原作者が「ガンビーなんて知らない」―中国メディア

25日、上海万博の公式マスコット「海宝(ハイバオ)」が米国で1950年代に発売されたキャラクター「ガンビー」の盗作ではないかと指摘されている問題について、原作者である台湾のデザイナーが否定のコメントを発表した。写真は「海宝」。

Record China
2010年4月26日 18時33分
続きを読む

ランキング