731部隊だけじゃなかった!旧日本軍「513部隊」の存在が初めて明らかに―中国メディア

配信日時:2018年6月4日(月) 13時50分
731部隊だけじゃない!旧日本軍「513部隊」の存在が明らかに
画像ID  995395
2日、中国中央ラジオのウェブサイト・央広網は旧日本軍の731部隊同様に細菌戦の研究を行っていた「513部隊」の存在が、元日本軍兵士の証言によって明らかになったと報じた。写真は央広網より。
2018年6月2日、中国中央ラジオのウェブサイト・央広網は旧日本軍の731部隊同様に細菌戦の研究を行っていた「513部隊」の存在が、元日本軍兵士の証言によって明らかになったと報じた。

記事は「旧日本軍731部隊は中国において細菌戦の研究を行ったとして非常によく知られているが、吉林省長春市に存在したという細菌研究の秘密部隊・513部隊については、数十年来その存在を発見することができなかった」とした上で、このほど513部隊に所属していた93歳の久木義一氏が初めてその存在ついて口を開いたと伝えている。

聞き取りを行った日中口述歴史文化研究会の李素●(リー・スージェン。●=木へんに貞)副会長によると、久木氏は513部隊の第2期生で、主に動物を用いた細菌研究を行っていたという。「久木氏は長春郊外の孟家屯に部隊があり、一つの班のメンバー35人は全員獣医で、動物の細菌実験についての学習とトレーニングを行っていたと証言した」とのことだ。

李氏は「すでに日本の資料館や防衛庁から、当時の直接的な資料を手に入れており、そこに当時の詳細な様子が記載されていた。次にやるべきことは、存命の元513部隊員を追跡し、その証言を残すことだ」と語っている。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 774***** | (2018/06/04 22:07)

    731部隊の正式名称は防疫給水部。新宿区戸山町に防疫給水部の研究機関があってその跡地から人骨が多数発見された。都会のど真ん中に危険な細菌兵器研究機関があるかな。 関東大震災で朝鮮人が日本女性を合歓し一般人を殺害し放火したのは報道管制解除後に新聞各紙が報じている厳然たる事実。関東各地で朝鮮人が襲ってくると自警団を作って余震か逃れるために竹やぶで野宿し徹夜の警戒に当たった。特に井戸に毒を投げ込まれれば多くの住民が死に水も飲めなくなるから恐れた。給水は災害でも戦争でも生き延びるための生命線。国民党軍や共産党軍による毒薬や細菌兵器使用に軍たが対策を取る必要はあった。原爆も先に作ったものが戦争に使った。細菌兵器も同じだろう。それが戦争ではないのか。防疫も細菌兵器もコインの裏表。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/06/04 17:41)

    これはよく知らんが、731には派生部隊が幾つかあったって話だな。 口蹄疫とかの家畜専門の細菌戦部隊とか。 まあ、この513部隊ってのの情報は出処がよく分からんが、可能ならこの部隊の研究に日本の歴史学者も参加して欲しいものだね。 まずは真偽の見定めのために。 その上で真実であるなら日本人も知っておくべきだし。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事