女性は“ハーフ顔”に憧れ!「なりたい顔」のビッグ3はハンナやディリラバ、TWICEツウィ―台湾

配信日時:2018年6月4日(月) 11時20分
女性がなりたい顔、ビッグ3はハンナやディリラバ、TWICEツウィ
画像ID  995376
3日、最近の若い女性が美容整形で目指すのは「ハーフ顔」で、タレントのハンナや中国の女優ディリラバ、韓流人気グループTWICEのツウィが「なりたい顔」のビッグ3となっている。写真はハンナ。
2018年6月3日、最近の若い女性が美容整形で目指すのは「ハーフ顔」で、タレントのハンナ(昆凌)や中国の女優ディリラバ(迪麗熱巴)、韓流人気グループTWICEのツウィ(周子瑜)が「なりたい顔」のビッグ3となっている。中国時報が伝えた。

その他の写真

台湾のミスコンテスト「ミス・グローバルシティー」の審査員を務める著名美容外科医の邱浚彦(チウ・ジュンイエン)氏が、最近の美容整形事情について語ったもの。現在、手術を望む若い女性の多くが目指すのは「ハーフ顔」で、お手本として特に人気なのがタレントのハンナ。オーストラリアと台湾のハーフだが、そのバランスが絶妙だとして憧れる人が多いという。

大きな瞳が印象的な中国の女優、ディリラバの顔も大人気だ。ディリラバはハーフではなく、そのエキゾチックな美貌は少数民族のウイグル族出身のため。彼女のすっきりと高い鼻は完璧な形とされ、手に入れたいと望む声が多い。

邱医師が挙げるビッグ3の最後の1人は、日本でも人気急上昇中のTWICEの台湾人メンバーのツウィ。整った目鼻立ちだけでなく、最も熱い視線が注がれているのはその顎だ。顎先がうっすらとくぼんでいるのが、最近では「美人溝」と呼ばれ、美男美女の特徴とされているため。先日、日本で過去の制服姿が話題になった女優ブリジット・リン(林青霞)や女優アンジェリーナ・ジョリーなどの顔にも、この「美人溝」が見られる。

なお美容整形について邱医師は、「顔の輪郭や体型などとのバランスを重視せず、やみくもに個別パーツの修正だけにこだわるのはよくない」と、手術を望む人に冷静な判断も求めている。(翻訳・編集/Mathilda
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2018/06/06 13:59)

    日本人の欧米白人崇拝とそれに反発する国粋主義が一般人に広まり始めたのは明治維新以降のこと。と同時に、欧米崇拝(劣等感の現れ)にせよ国粋主義(情けない欧米崇拝に対する憤激だが心底では自信のなさが原因と言う点で欧米崇拝派と共通する)にせよ、いずれにしても平常心をもって欧米人に接することができなくなった。ペリー来航時に江戸で出回ったペリーの顔の浮世絵を見れば江戸時代人が彼らを美しいとは感じていなかったこと、欧米人に対して劣等感を全く持っていなかったことが分かる。その後日本では欧米白人崇拝が行き過ぎて、白人と結婚させ日本人を遺伝的に欧米化させようとしたり(森有礼文部大臣)、日本語の廃止を唱えたり(志賀直哉?)する例は枚挙に暇がない。他方間欠泉的にこれに対する国粋主義の反動が生じる。地毛が赤い子供に学校が校則をたてに毛を黒く染めさせるのも反対の行き過ぎである。江戸人の平常心を取り戻したいものだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • がっき***** | (2018/06/04 13:25)

    ハンナって可愛いけど化粧濃くて整形じゃん?
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<