トランプ氏と金正恩氏、昼食はハンバーガーじゃなかった!中国ネットは得意げ

配信日時:2018年6月12日(火) 16時20分
米朝首脳会談、昼食はハンバーガーじゃなかった!中国ネットは得意げ
画像ID  995362
12日、米朝首脳会談に臨んだトランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長が昼食に中国・揚州名物の揚州チャーハンを食べたとのニュースに、中国のネットユーザーが反応を示している。写真はシンガポール。
2018年6月12日、シンガポールで米朝首脳会談に臨んだトランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が昼食に中国・揚州名物の揚州チャーハンを食べたとのニュースに、中国のネットユーザーが反応を示している。

報道によると、この日の昼食メニューは全9品で構成されており、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント・微天下は「2人が食べたのはハンバーガーではなく、揚州チャーハンだった」と、メニューの内容を紹介。さらに「東西の料理が組み合わされたメニューだ」とも解説している。

このニュースに中国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せており、「中国は人を送り込んではいないけど、中国の料理が会場に出現した」「今日は揚州チャーハンを食べてみたよ」「揚州チャーハンの歴史的地位が向上した」「自分が食べたことがあるものが登場するなんて」などの書き込みも見られた。(翻訳・編集/野谷
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/06/12 21:03)

    >2人が食べたのはハンバーガーではなく、揚州チャーハンだった 北朝鮮では『ハンバーガーを発明したのは〈金日成〉だ』と信じられている。もし米大統領がハンバーガーを食べていたら『元祖バーガーに大満足だった』なんて北朝鮮で報道されただろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事