韓国社会は1人当たり国民総所得3万ドルを突破したのになぜ暗いのか―中国メディア

配信日時:2019年3月19日(火) 6時0分
韓国社会は1人当たり国民総所得3万ドルを突破したのになぜ暗いのか
画像ID  995334
18日、人民日報海外版は、1人当たり国民総所得が3万ドルを超えながらも、閉塞感が漂っている韓国社会に関する評論記事を掲載した。写真はソウルの繁華街。
2019年3月18日、人民日報海外版は、1人当たり国民総所得が3万ドル(GNI)を超えながらも、閉塞感が漂っている韓国社会に関する評論記事を掲載した。

韓国統計庁のデータによると、昨年の韓国の1人当たり国民総所得は3万1349ドル(約350万円)で初めて3万ドルの大台を突破し、米国、ドイツ、フランス、英国、日本、イタリアの6カ国に続く「人口5000万人以上でGNI3万ドル突破国」になったと紹介した。

一方で「韓国国民のモチベーションは高まっていないように見える」と指摘。その背景として、先進国に比べて環境、就職、社会資源の分配といった生活の質が低いこと、日常生活におけるストレスが非常に大きいことから、高い国民総所得で得られるはずの幸福感が希薄になっている点を挙げている。

そして、具体的な事象として、先進国に比べて労働時間が2割ほど長い一方で、国の社会福祉支出が国内総生産(GDP)に占める割合が先進国より少ないこと、経済成長が持つ雇用創出力が低いうえ、収入の伸びも鈍く家計を圧迫していること、賃金労働者の約3分の1を占める非正規雇用の賃金が正規雇用者の半分程度であること、高学歴者をはじめとする20代の失業率が全体の平均失業率を大きく上回っていることをなど列挙した。

そのうえで記事は「未来に憧れを抱かず、低欲望社会に入ると同時に出生率の急落、少子高齢化が急速に進んでおり、韓国社会の前途は予断を許さない状況だ」としている。(翻訳・編集/川尻
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事