中国で次々と現れる「女性専用」、今度はプールのコース=ネットは賛否両論

配信日時:2018年6月3日(日) 23時10分
次々と現れる「女性専用」、今度はプールのコース=ネットは賛否両論
画像ID  995279
2日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、広州市に女性専用のコースを設けたプールがあると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2018年6月2日、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウント・頭条新聞は、広州市に女性専用のコースを設けたプールがあると伝えた。

記事は、「気温の上昇に伴い、プールへ行く人が増えているが、広州市内にあるプールでは、女性スイマーのために地下鉄の女性専用車両に倣って『女性専用コース』を設けた」と伝えた。

記事は動画でそのプールを紹介。インタビューに応じた利用者の女性は、「男の人や若い人は泳ぐのが速いので、ぶつかってしまうことがある」と述べている。そのため、「女性が伸び伸びと泳げるようにするため、ほかのコースより50センチほど幅を広くした女性専用コースを設けている」と動画では紹介している。

男性利用者にとっては泳げる範囲が狭くなるが、男性利用者からは「別に問題はない」「ぶつかることを避けられていい」など支持する声が出ていた。また、「あえて女性専用コースに入って泳ごうとする男性はおらず、知らずに入った人でも注意するとすぐに他へ移動する」と監視員は述べている。

これに対し、中国のネットユーザーから「女性を顧みているのだから何の問題もない」「これはいい。わざと女性にぶつかってくる男を避けられる」「プールでの痴漢は本当に多い。分けるというのは女性にとっていいことだ」など、女性専用コースに賛同するコメントが多く寄せられた。

一方で、「これこそ女性への差別だと思う」「だったら女性専用、男性専用、男女共用の3種類に分ければいいのに」「求めているのは女性の権利ではなく特権」などの意見もあった。(翻訳・編集/山中)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事