中国、「南シナ海軍事化」批判の米国防長官に反発=アジア安全保障会議

配信日時:2018年6月3日(日) 11時20分
中国、「南シナ海軍事化」批判の米国に反発=アジア安全保障会議
画像ID  995261
2日、シンガポールでのアジア安全保障会議に中国代表として出席している中国人民解放軍軍事科学院の何雷副院長は、マティス米国防長官が中国による「南シナ海軍事化」に言及したことについて、「中国の主権内であり、国際法でも許される」と反発した。資料写真
2018年6月2日、中国新聞網によると、シンガポールでのアジア安全保障会議(シャングリラ対話)に中国代表として出席している中国人民解放軍シンクタンク、軍事科学院の何雷(ホー・レイ)副院長は、マティス米国防長官が中国による「南シナ海軍事化」に言及したことについて、「中国の主権内であり、国際法でも許される」と反発した。

仏RFIの中国語版サイトによると、マティス長官は2日、同会議で演説し、中国は軍事拠点化を進める南シナ海全域にわたって対艦および地対空ミサイルや電波妨害装置などを配備していると指摘。「中国の主張とは反対に、そうした兵器システムの配備は、脅迫や威圧のための軍事利用に直結するものだ」と非難した。

中国新聞網によると、これについて何副院長は「中国の南シナ海諸島およびその周辺海域は、中国固有の領土だ」と主張。これら島しょへの駐軍と武器配備は「中国の主権内であり、国際法でも許される」と反発した。

その上で、「『航行の自由を』を旗印に、中国の島しょ周辺の海域と上空に軍艦や軍機を派遣して接近・偵察し軍事活動を行う国がある。これは中国の安全や安定に影響や破壊をもたらすだけでなく、中国の主権への挑発であり、事実上の『南シナ海軍事化』の根源だ」と主張。「中国はあらゆる手段を用い、断固としてこれを制止する」とした。(翻訳・編集/柳川)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • hoo***** | (2018/06/03 11:38)

    国際裁判所が認めない岩礁を勝手に埋め立てて領土だと称して国際法で許されると言うのが何時もの中国^^ベロをちょん切るしか無いのだ。更にデカすぎて覇権に走るなら分割した方が良い。^^中国とは何ぞや?だ^^
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事