2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

小野寺防衛相「北朝鮮の対話姿勢だけで見返りを与えてはならない」=韓国ネット「北朝鮮の現状を一番客観的に見ているのが日本」

配信日時:2018年6月3日(日) 15時0分
小野寺防衛相「北朝鮮の対話姿勢だけで見返りを与えてはならない」
画像ID  995251
2日、聯合ニュースTVなど複数の韓国メディアは、小野寺五典防衛相が北朝鮮支援に対し慎重な姿勢を示したことを伝えた。資料写真。
2018年6月2日、聯合ニュースTVなど複数の韓国メディアは、小野寺五典防衛相が北朝鮮支援に対し慎重な姿勢を示したことを伝えた。

現地時間2日、シンガポールで開催されたアジア安全保障会議に出席した小野寺防衛相は、北朝鮮について「非核化を宣言し、融和ムードを演出しておきながら何度も国際社会の平和への努力を踏みにじる歴史を繰り返してきた」とし、「北朝鮮が対話に応じることのみで、見返りを与えるべきではない」と述べた。さらに、完全で検証可能で不可逆的な廃棄が完了するまで圧力の維持が不可欠であることを各国に呼びかけた。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「北朝鮮の現状を一番客観的に見ているのが日本だな」「日本の反応が正しい」「まあ当然だな」「俺は日本の主張の方が正論だと思う」「誰が言ったにせよ正しい意見だ」など、小野寺防衛相の発言に同意する意見が多く寄せられた。

その一方で、「この言葉から見える日本の下心はただ一つ。韓国の状況がよくなるのが嫌なんだ」と、否定的な意見もみられた。

また、「この発言はある意味米国の意向に反するんじゃないのか」と、米朝首脳会談を控え融和ムードが高まる北朝鮮との関係に水を差すとする意見もあった。(翻訳・編集/三田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • hig***** | (2018/06/03 19:53)

    防衛省だからこんな正論を堂々と言える。日本外務省は 相手国外務省からの要望をそのまま受け入れてきて、その 結果日本の国益をまったく考えずに、自分たちの保身外交を 続けてきた。外交と防衛は同じ職務。外務省は防衛省の一部局 とした方が、ずっと効率的な外交が出来ると思う。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事