2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本の「残酷な」捕鯨をどうしたら阻止できるか―独メディア

配信日時:2018年6月3日(日) 22時10分
日本の「残酷な」捕鯨をどうしたら阻止できるか
画像ID  995244
2日、独ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは、「日本の『残酷な』捕鯨をどうしたら阻止できるか」とする記事を掲載した。資料写真。
2018年6月2日、独ドイチェ・ヴェレの中国語版サイトは、「日本の『残酷な』捕鯨をどうしたら阻止できるか」とする記事を掲載した。

記事は「日本が国際捕鯨委員会(IWC)に提出した調査捕鯨の報告書が環境保護団体や動物愛護団体から批判を受けている」と指摘。「報告書によると、日本が1年間に捕獲した鯨は規定の333頭。日本は個体数が商業捕鯨を再開するのに十分な水準に達していると示したい構えだったが、捕獲した個体のうち妊娠している個体122頭が含まれていたことが明らかになり、環境保護・動物愛護団体や海外のメディアが非難している」と伝えた。

その上で、シーシェパード豪州支部のジェフ・ハンセン氏が、「捕鯨問題で日本は国際的な圧力をあまり受けていない。それは日本が各国にとって重要な貿易相手国であり、捕鯨問題に触れて日本の怒りを買いたくないからだ」とした一方で、「状況は変わりつつある」と話していることを紹介。「日本は『捕鯨は伝統文化だ』として捕鯨の継続容認を求めているが、日本でもすでに需要は少ないのが現実で、時代遅れの伝統になっている」と伝えている。(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • law***** | (2018/06/04 14:46)

    国家の義務教育にあって先ず深く言い伝えるべき事は「地球の運命は全人類の責任」で行う、と言う事である。生態的破壊を改善するには各国の政府が「一つの地球に一つの法律」と言う考え方を優先し、且つ、それを前提に真摯に取り組む姿勢が最も大切となる。その為には国連の二つの主たる役割である「人間の安全保障と持続可能な開発」の理念を実現させるべく運命共同体を構築する事である。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • MR***** | (2018/06/04 10:10)

    調査のためと言って年間200頭以上捕ったら当然疑われるでしょう? 食べる目的だとしたら意外にスーパーで見かけることもないし。。 捕鯨する組合(?)組織(?)を守るためじゃないの? 調査・食用以外に理由あると思うので、そこを明確にして、ただ沢山捕るのをやめればいい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2018/06/03 22:04)

    ドイツ人に残酷という言葉で批判出来る事など無い。ヒトラーだけに責任を押し付けて逃れたと思って居るのか?^^中国も属国に為りかけているドイツも何故日本だけ責めるのか?日本より沢山取って居る国が有るだろうに^^別な意味で日本を貶めたいだけなのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事