ルーブル美術館の入場券を7回も使い回し!?中国人ガイドが明かす―中国紙

配信日時:2018年6月2日(土) 7時30分
ルーブル美術館の入場券を7回も使い回し!?中国人ガイドが明かす
画像ID  995107
1日、環球時報は、フランスのテレビ番組で「中国人業者による不正行為でルーブル美術館が被害を受けている」と報じられたことを伝えた。写真はルーブル美術館。
2018年6月1日、環球時報は、フランスのテレビ番組で「中国人業者による不正行為でルーブル美術館が被害を受けている」と報じられたことを伝えた。

記事によると、同番組は「17年は中国人観光客180万人がフランスを訪れた。彼らが海外旅行で使うお金は日本人や米国人を上回っている」などと紹介した上で、「多くの美術館や店舗は中国人観光客によるメリットを手にしていない」と指摘。毎年70万人近い中国人観光客が訪れるルーブル美術館では1日使える入場券の使い回しなどが横行しており、団体客を引率するガイドが見学終了後に入場券を回収して次に来る同僚ガイドにこっそり渡す手口が見られるという。匿名のある中国人ガイドによると、「1枚の入場券で最大7人が入れる」そうだ。

番組では「入場券だけで毎年の損失が100万ユーロ(約1億2700万円)を超える」という関係者の声や、この先の管理が強化されることが伝えられている。(翻訳・編集/野谷
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/06/04 17:47)

    もちろん中国人が悪いって話ではあるが、美術館側も券の管理が甘いって話でもあるんじゃないだろうか。抜け道があるなら、誰かが必ずそれを利用するよ。 今後は出場者から券を回収するなり押印するなり、「失くした」と言い張って回収できない場合には館内でもう一度買わせるなりした方がいい。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2018/06/02 07:46)

    中国人を入れるなら当然個人特定をする必要が有る。世界中で不正をしているのだから^^「自動改札機は飛び越えれるのにパスを買うのはバカだ」と言って居た民度だから^^
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事