日本軍風の格好で結婚式に参加した男性、中国メディア「精神日本人とは呼ばない」

配信日時:2018年6月1日(金) 10時0分
日本軍風の姿で男性が結婚式に、中国メディア「精神日本人ではない」
画像ID  995071
30日、旧日本軍風の服装で結婚式に出席した中国の男性が謝罪に追い込まれた問題をめぐり、東方網は「『精神日本人』的行為ではない」とする文章を掲載した。写真は旧日本軍の軍服を着て記念撮影した男性グループ。
2018年5月30日、旧日本軍風の服装で結婚式に出席した中国の男性が謝罪に追い込まれた問題をめぐり、東方網は「『精神日本人(精日)』的行為ではない」とする文章を掲載した。

この36歳の男性は旧日本軍風の服装で結婚式の車列に加わり、その動画を見たネットユーザーから批判が殺到。男性はその後、「エキストラとして参加した抗日ドラマの衣装を着替える時間がなかった」などと釈明し、面白半分に撮られた動画だったことを訴えている。

文章はこうした事情を説明した上で、「本物の精日分子とは日本を崇拝して自身の民族を憎み、さらに自身が中国人であることを恥とする人々のことだ。男性を精日と判断するのはいささか偏った見方。今回のような騒ぎは目新しいものではなく、彼らは『周囲の笑いを誘える』と面白がっているだけなのだ」と指摘する。

さらに、「不愉快な行為で笑いを得ようとするのは『悪趣味』でしかない」と続け、「これは恐らく抗日神ドラマの氾濫と関係があるのだろう。それと同時に、戦争やあのつらい歴史に対して一部の人間が無関心になってきたことを意味する。ある人にとって日本軍の軍服は遊びの道具にまでなっているのだ」と指摘。文章は「戦争終結直後、日本人に家族が殺された中国人はその軍服を着て面白がることができただろうか?」との疑問を投げ掛け、最後は「いかなる形式であろうと民族の歴史の忘却は拒絶すべきだ。残念ながらこの忘却に『感染』する人は増えている。精日分子はごく少数だが、感染の輪が広がって最終的に集団レベルの忘却が発生すること―。これは恐ろしいことではないだろうか?」と結んでいる。(翻訳・編集/野谷
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/06/02 20:11)

    >戦争終結直後、日本人に家族が殺された中国人はその軍服を着て面白がることができただろうか? 中国人兵士は日本人を1人も殺さなかったと言うつもりだろうか。中国人は被害者だから怒る権利があるが、日本人は侵略者だから殺されても文句は言えない。そんな考え方だから日本と中国はいつまで経っても友達になれないのだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 色は匂***** | (2018/06/01 10:07)

    天安門事件も忘れてはいけない事件だね。 治安のために軍隊まで動いたんだから・・・ 国内では検索もできないみたいだけど。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<