Record China

ヘッドライン:

中国のジャ・ジャンクー監督、福岡アジア文化賞の大賞受賞―中国メディア

配信日時:2018年5月31日(木) 19時20分
拡大
福岡アジア文化賞委員会は30日、第29回アジア文化賞の大賞に中国の映画監督ジャ・ジャンクー氏を選出したことを明らかにした。

福岡アジア文化賞委員会は30日、第29回アジア文化賞の大賞に中国の映画監督ジャ・ジャンクー(賈樟柯)氏を選出したことを明らかにした。新華社が伝えた。

同委は、「ジャ・ジャンクー氏は21世紀の中国を代表する映画監督。故郷の山西省をはじめとする地方の都市を舞台に据え、急激な経済発展がもたらした社会的歪みの中で苦悩しながらもしたたかに生きる市井の人々、とりわけ若者たちが抱える閉塞感や希望を等身大に描いた数々の作品で、中国のみならず世界的に高く評価されている」とした。

福岡アジア文化賞とは、福岡市がアジア文化を発揚するために1990年に創設したもの。アジア文化を保護・振興し、アジアの人々が相互に学び、幅広く交流するための基礎を築くことが狙いだ。大賞、学術研究賞、芸術・文化賞が設けられ、今年の学術研究賞には日本の末廣昭氏、芸術・文化賞にはインドのティージャン・バーイー氏が選ばれた。

3つの賞の中で最もウェイトの大きい大賞の選出基準は、「アジアの固有かつ多様な文化の保存と創造に貢献し、その国際性、普遍性、大衆性、独創性などにより、世界に対してアジアの文化の意義を示した個人または団体」としている。ジャ・ジャンクー氏以前に大賞を受賞した中には、社会学者の費孝通(フェイ・シャオトン)氏、考古学者の王仲殊(ワン・ジョンシュウ)氏、映画監督のホウ・シャオシェン(侯孝賢)氏、チャン・イーモウ(張芸謀)氏、アン・ホイ(許鞍華)氏、作家の莫言(モーイエン)氏がいる。また、作家の巴金(バージン)氏は第1回創設特別賞を受賞している。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国から日本に移住した家族の困難描く日中合作映画「離秋」、上海でクランクイン―中国メディア

日中合作映画「離秋」が 8月31日、上海でクランクインし、日本の映画プロデューサー・市山尚三氏も駆けつけた。同作品は1990年代に、中国から日本に移住したある家族が、文化の違いに直面しながらも、その困難に立ち向かっていく姿を描いている。

人民網日本語版
2017年9月6日 14時0分
続きを読む

「日本語が全然わかりませんが…」=声をかけてきた青年は震災復興支援ソングを大声で歌った―中国人学生

作文コンクールを主催する日本僑報社・日中交流研究所は、2017年の国交正常化45周年を記念して、中国で初めての「日本語の日」の創設を検討している。そんな「日本語の日」に何ができるか。河北工業大学の宋妍さんは作文につづっている。

日本僑報社
2018年5月27日 16時10分
続きを読む

ランキング