Record China

ヘッドライン:

都知事の尖閣諸島買い取り問題、「北京も台北も声をそろえて “NO”と言う」―中国紙

配信日時:2012年4月19日(木) 5時17分
拡大
16日、石原慎太郎東京都知事が尖閣諸島を購入する意向を表した問題で、18日付の中国・環球時報は「この挑戦的な発言に対し、北京(=中国)も台北(=台湾)も声をそろえてきっぱり“NO”と言った」と報じた。
(1/4枚)

2012年4月16日、石原慎太郎東京都知事が尖閣諸島を購入する意向を表した問題で、18日付の中国・環球時報は「この挑戦的な発言に対し、北京(=中国)も台北(=台湾)も声をそろえてきっぱり“NO”と言った」と報じた。

その他の写真

17日、中国外交部の劉為民(リウ・ウェイミン)報道官は、「尖閣諸島に対する日本側のいかなる一方的な措置も、違法であり無効である。いずれも、尖閣諸島が中国に属するという事実を変えることはできない」と表明。また、台湾外交部の章技平(ジャン・ジーピン)報道官も、「尖閣諸島の主権は中華民国に属するということを改めて申し上げる。日本の政治家の関連発言については、当外交部は一律、認めない」との声明を出した。

インターネット上の投稿を覗くと、一般国民からも厳しい発言が出ている。米ニュース専門局・CNNの報道によると、「口頭での抗議は無意味だ。何か行動を起こさねば」との声が中国で聞かれるとともに、台湾でも同様の意見が飛び交っているという。台湾紙・聯合晩報は「尖閣諸島を最初に発見したのは中国人。明代の1372年、これを領土と定め、命名したのは中国人だ」と主張し、「尖閣諸島の主権問題について、中台は口を使い、日本は行動を起こした。われわれも実質的な占有活動に移さねばならない」としている。(翻訳・編集/愛玉)

関連記事

<中国人が見た日本>尖閣問題、日本が中国に屈服するカウントダウンは始まっている

19日、香港の政治学者・林泉忠氏は「尖閣諸島をめぐる対立、日本が屈服するカウントダウンは始まっている」と題して、日中の国力逆転に従い、日本の屈服が近づいていると論じた。写真は12年3月、東シナ海を空から巡視する中国国家海洋局中国海洋監督総隊。

Record China
2012年3月22日 7時21分
続きを読む

尖閣沖で日中の船舶が再び対峙、強硬化する中国―米華字メディア

20日、米華字ニュースサイト・多維網によると、19日、海上保安庁の測量船に中国の海洋調査船が接近、調査の中止を要求した。尖閣問題については人民日報が「核心的利益」と言及するなど、中国の態度は強硬化しつつある。写真は大連に停泊する中国の空母。

Record China
2012年2月21日 8時18分
続きを読む

ランキング