安倍首相が「理解し難い」米国の自動車追加関税、中国ネットからは「協力しよう」の声も

配信日時:2018年5月31日(木) 15時30分
安倍首相が「理解し難い」米国の一手、中国ネット「協力しよう」
画像ID  994971
30日、新浪新聞の中国版ツイッター・微博アカウントの微天下は、米国の自動車追加関税検討について安倍首相が「理解し難い」と述べたことを取り上げた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2018年5月30日、新浪新聞の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントの微天下は、米国の自動車追加関税検討について、安倍首相が「理解し難い」と述べたことを取り上げた。

記事は、日本メディアの報道を引用し、米国が自動車の輸入関税を引き上げる検討を始めたことについて、安倍首相は30日の党首討論で「極めて理解し難い、受け入れることはもちろんできない」と述べたことを紹介。「安倍首相は米国が日本車を国家安全保障上の脅威と見なすことは理解し難く、関係する日本の業界と協力して対応を協議していくことを約束した」などと伝えた。

これに対し、米国との貿易紛争を抱える中国のネットユーザーも興味津々の様子で、「トランプ大統領はアメリカファーストを実行しているだけ」「米国の利益が第一だからな。トランプ大統領は米国の利益しか考えていない。資本主義の本性は自己中心」といった見方や、「米国での日本車の販売台数を見れば、別に理解し難くはないと思う」「日本人は真面目過ぎで品質が高過ぎるから、米国人の就業機会を奪っている」など、決して理解できなくはないという声が寄せられた。

一方で、「米国は中国、日本、ドイツに対して刀を向けた。3国は連合して米国に対抗すべき」と、関係国が協力すべきという意見も寄せられ、少なからず賛同を得ていた。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Yam***** | (2018/06/10 14:57)

    2015年の米国での日本車販売数は約640万台で、全体の約40%を占める。その640万台のうち現地生産数は、385万台と過去最高。米国の乗用車販売に占める日本車の6割は現地生産だ。日本メーカーは販売店を含め、米国で150万人の雇用を支えている。米国の自動車販売数は約1600万台で、そのうちの256万台が日本から輸入されてるのだ。一方、日本の自動車産業に従事する雇用者数は約125万人だ。日本の自動車産業が、日本の雇用を海外に持ち出した数の方が圧倒的に多いのだ。米国に対しては、感情的にならずに理詰めで議論しよう。貿易バランスの問題は、話し合いと実行で解決していくしかない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 秀野荘***** | (2018/06/06 16:58)

    安倍「ありがとう。じゃあお返しに僕も習近平失脚に協力するよ!」
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/06/03 23:10)

    >>「極めて理解し難い、受け入れることはもちろんできない」( ー`дー´)キリッ と言ってみる(ボソッ) って感じでね。同じセリフをトランプと会談する時に面と向かって言ったことあるんですかね? 半島問題じゃ一切合切アメにおんぶにだっこ。TPPじゃ身勝手に脱退したアメに手招きしてるし、そもそも「TPP断固反対」はどこ行ったのよ? 沖縄じゃ内弁慶で威勢もいいが、元々アメは「グアムに移そうか?」って言ってくれてたのにそれ蹴って沖縄に固執したのは自民だしな。 まあ、飼い犬の性でムシャクシャすると機嫌悪く吠えてはみるんだけど、主人目の前にすると仰向けにして腹見せて「さぁ好きにしてw」って感じで。 柴犬だと可愛いけど老害がやるとキモいだけなんだよな。大好きな大和魂見せてみろよ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事