中国が新型核兵器開発を加速、40カ月間に爆発シミュレーションを200回実施か

配信日時:2018年5月31日(木) 12時40分
中国が核兵器開発加速、40カ月に爆発シミュレーション200回か
画像ID  994924
中国メディアの新浪網は30日、米国メディアのザ・ヒルを一部引用し、「中国は新型核兵器の開発を加速しており、過去40カ月内に200回の核爆発シミュレーションをしている」と報じた。資料写真。
中国メディアの新浪網は30日、米国メディアのザ・ヒルを一部引用し、「中国は新型核兵器の開発を加速しており、過去40カ月内に200回の核爆発シミュレーションをしている」と報じた。

ザ・ヒルは米ワシントンD.Cで発行される政治専門紙。5月28日に「中国は新世代の核兵器を促進している」と題する記事を発表した。同記事は、中国工程物理研究院の統計により算出したとして中国は2014年9月から17年12月にかけての40カ月間に、核爆発のシミュレーションを200回に渡り実施したと主張した。

米国は2012年から17年にかけて同様のシミュレーションを50回実施したとみられている。米国の場合、1月当たりにすれば1回以下で、月平均5回の中国は圧倒的に多い。

新浪網は、「はっきりさせてておかねばならないのは、上記の核実験は実際に大気圏内で行ったのでも地下核実験でもないことだ」と指摘した上で「世界ではスーパー大国だけがスーパーコンピューターで核実験をシミュレーションすることができる」と主張。国連安保理常任理事国の5カ国は、スーパーコンピューターを用いることで、実際の核実験と同じデータを得ることができ、実際の核実験に伴う汚染や巨額の支出を避けることができると解説した。

新浪網はさらに、スーパーコンピューターによる核実験のシミュレーション技術を最も早く掌握したのは米国で、だからこそ1996年に包括的核実験禁止条約に率先して署名したと指摘。その後、核実験はコンピューターによるシミュレーション時代に入ったと論じた。

中国のスーパーコンピューターについては「神威・太湖之光」や「天河2号」が何度も世界第1位の王座に就いたことが、「中国のこの分野における実力を十分に示している」と主張。一方で米国が保有するスーパーコンピューターの台数は世界で最も多いと紹介した。

記事は、米国が小型核兵器の開発に向かっていると紹介。中国は同方面で米ロに大きな差をつけられており、核爆発のシミュレーションが多いのは、世界の先端レベルに追いつくために必要などと論じた。

さらに、中国は東風-26(DF-26)、DF-31A/B、DF-41、DF-5C、巨浪-2A(JL-2A)、JL-3、長剣-20(CJ-20)など大量のミサイルを配備しており、新型の核弾頭の開発も必要だと論じた。

記事は、中国は核兵器を充実させることについて「目下の非対称な核体制を早急に変革する必要がある」と主張した。(翻訳・編集/如月隼人
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 911***** | (2018/06/02 14:02)

    核兵器を超える兵器が出るまで狂奔 それで人類が消滅するならそれも良し 其の場合ホモサピエンスは進化の袋小路だったと
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/05/31 18:03)

    本当にバカは核兵器大好きだな。国際社会の関係上、影響力が高ければ高いほど実質的に使えもしないような兵器を、なんでそんなに持ちたがるのかね? まあ、もしも環境を悪化させないクリーンな核兵器だとか言うのなら多少は価値があるかも知れないけど、そんなもん作るぐらいなら戦争すんなよって話で。 バカは死んだら治るそうだが、行き着くところまで行って人類が滅びでもしない限り、バカって居なくならないのかね?
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事