2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

旅行者の荷物から総重量10キロの古銭、日本の江戸時代の銅銭か―中国

配信日時:2018年5月31日(木) 22時50分
旅行者の荷物から10キロの古銭、日本の江戸時代の銅銭か―中国
画像ID  994914
30日、深セン新聞網によると、広東省深セン市の税関が江戸時代の銅銭とみられる古銭約10キロを旅客から押収した。
2018年5月30日、深セン新聞網によると、広東省深セン市の税関が江戸時代の銅銭とみられる古銭約10キロを旅客から押収した。

その他の写真

現地時間29日午後10時ごろ、同市の皇崗税関職員が福田税関入国検査ホールで入国者の荷物検査をしていたところ、男性旅客のリュックサックからポリ袋で簡易包装された古銭480枚を発見した。古銭はいずれも銅製とみられ、楕円形で中央に正方形の穴が開いているほか、「天保通寶」あるいは「當百」などの文字が書かれていた。錆の跡が多いものの汚れは少なく、クリーニングされた可能性があるという。

関係当局の簡易的な鑑定で、これらの古銭は江戸時代の天保6年(1835年)に鋳造され始めた銅銭と判断された。1枚当たり約37.59グラム、1891年まで使用されていたとのことで、歴史研究上の価値があるとみられる。

銅銭を所持していた男性は「日本から香港に郵送してもらったもの」と語っており、密輸捜査当局が調べを進めている。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事