日本のサポーター大ブーイング!ガーナ戦の惨敗を中国人はどう見た?

Record China    2018年5月31日(木) 11時0分

拡大

30日、新浪体育は、サッカー日本代表がワールドカップ(W杯)ロシア大会の壮行試合となるガーナ戦に0-2で敗れたことについて、「日本サポーターから大きなブーイングが起きた」と報じた。写真は日本代表ユニホーム。

2018年5月30日、新浪体育は、サッカー日本代表がワールドカップ(W杯)ロシア大会の壮行試合となるガーナ戦に0-2で敗れたことについて、「日本サポーターから大きなブーイングが起きた」と報じた。

記事は「壮行試合がこのような結果に終わるなど、誰も見たくなかっただろう。日本サッカー協会は4月、ハリルホジッチ監督を解任する驚きの行動を起こしたが、これがロシアW杯の時限爆弾として日本代表に付きまとうことは間違いない。そして、試合に負けるたびに爆弾のタイマーは進んでいく」と評している。

そして、「日本は今大会の抽選で、アジア代表の中では最もいいポジションを得たと見られていた。しかし、急な監督交代という混乱により、日本代表がグループリーグを突破する可能性はすでに大きく下がってしまった」と伝えた。

騰訊網は、試合会場の日本サポーターがブーイングを起こしたほかに、日本のネット上でも「これで、日本代表がダメなのがハリルホジッチ監督のミスではないことが証明された」「この際、ガーナにW杯に出てもらった方がいい。本当にがっかりした」「日本はW杯に出たいだけなら、(今回出場権を獲得できなかった)オランダやイタリアに譲るべき」「ハリルはこっそり笑っていることだろう」といった批判が噴出したことを紹介している。

この結果に対し、中国のネットユーザーからは「スピードや技術、戦術を磨いてきた日本だが、どうにもならない先天的なフィジカルの部分で壁にぶち当たっている」「日本サッカーの道は間違ってないと思う。惜しむらくは天性のフィジカルの差」といった指摘や、「日本のフォワードはやっぱり中国よりも良いんだけど、何しろシュートが打てない」といった感想が寄せられた。

また、「日本の国産監督はやっぱりちょっと劣るんじゃないかな」「フィジカルの問題ではない。西野監督の3バック戦術に選手たちが明らかに適応できていなかったことが敗因」など、監督の采配に問題があったとする意見も出ている。

一方で、「それでも中国代表に比べればはるかに強い」「日本には頑張ってほしい。応援している」といった声も見られた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携