トランプ大統領の態度急変、中国の返しが話題に

配信日時:2018年5月30日(水) 19時50分
トランプ大統領の態度急変、中国の返しが話題に
画像ID  994796
米ホワイトハウスは29日、総額500億ドルに上る中国からの輸入品に対して25%の関税を課すほか、中国から米国のハイテク業界への投資を規制する声明を発表した。これに対する中国政府の返しが話題となっている。資料写真。
2018年5月30日、中国メディア・澎湃新聞によると、米ホワイトハウスは29日、総額500億ドル(約5兆4200億円)に上る中国からの輸入品に対して25%の関税を課すほか、中国から米国のハイテク業界への投資を規制する声明を発表した。

関税対象の具体的な品目リストは6月15日までに公開し、その後間もなく発効させるという。米中はつい先日通商問題に関して協議を行い、両国間の貿易戦争を回避する内容の合意を結んだばかりだった。

米国が突然態度を一転させたことに対し、中国商務部の報道官は29日深夜、「ホワイトハウスの戦略的な声明は予想を裏切るものでもあり、想定の範囲内でもある。少し前に米中がワシントンで達した合意に反することは明らかだ。米国がどのような方針を打ち出しても中国は国民の利益と国家利益を守る自信と能力、経験を持ち合わせている。中国側は米国に共同声明の精神に従って歩み寄るよう求める」とする声明を発表した。

これについて、記事は以下のように分析している。

1.「戦略的な声明」だとしている点が注目される。ホワイトハウスの声明は中国に対して圧力をかけることが目的だと中国政府が見抜いていることを示している。

2.「予想を裏切るものでもあり、想定の範囲内でもある」としているのは、米国の出方はあらかじめ十分把握できているという意味を表している。

3.「少し前に米中がワシントンで達した合意に反することは明らかだ」としている点は、合意を得たのだから、言行を一致させなければならない、さもなければ信用を失うと指摘している。

4.「自信、能力、経験を持ち合わせている」では、とりわけ「経験」の部分が言外の意味を含んでいる。米国に対して「経験がある」としているのは意味深長に聞こえる。

5.「中国側は米国に共同声明の精神に従って歩み寄るよう求める」の部分は、米国に対して感情的になれば大事を失すると指摘し、理性的になるよう求めている。

中国のネットユーザーからは「強烈な返しだ」「支持する」「貿易戦争が現実になっても中国人はまったく恐れない」「米国は口先だけで信頼のかけらもない…」「トランプ大統領の言葉はまったく信じられなくなった」「こういうことは今回が初めてではない」などのコメントが寄せられた。(翻訳・編集/岡田)
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事