テレビで「中国は洗脳が好き」、台湾の青年が謝罪に追い込まれる―中国メディア

配信日時:2018年5月30日(水) 6時30分
テレビで「中国は洗脳が好き」、台湾の青年が謝罪に追い込まれる
画像ID  994666
29日、観察者網によると、台湾のテレビ番組に出演した青年が、「不適切な発言」によって謝罪に追い込まれた。資料写真。
2018年5月29日、観察者網によると、台湾のテレビ番組に出演した青年が、「不適切な発言」によって謝罪に追い込まれた。

台湾のテレビ局TVBSが先月29日に放送した番組では、中国本土で起業した台湾の若者を取材。そのうちの一人、林伯軒(リン・ボーシュエン)さんへの取材の最中、記者が壁に掲示された紙に「統一」の文字があることに気付き、「『統一』ってこういうところに書いてあるんですね」と尋ねると、林さんは「そうです。こっち(中国本土)は『洗脳』がとても好きで、スローガンが好きな国なんです。これは彼らの国の文化ですから。国が大き過ぎるから、こういう方法を取らないといけないんです」などとコメント。記者がさらに「あなたは影響されていますか?」と尋ねると、「影響?大丈夫だと思います。みんなには『私は台湾人』って言っていますよ」と答えたという。

この発言に、中華統一促進党(中国に近い台湾の政党)の党員・陳志強(チェン・ジーチアン)氏が不満を示し謝罪を要求。陳氏はこのほど、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)のアカウントで林さんの謝罪動画を掲載した。林さんは動画の中で「メディアでの無知な言論によって多くの人を不快にさせてしまし、申し訳ございませんでした。ここに深くお詫び申し上げます。もう一度チャンスをください」などと謝罪している。陳氏はツイートの中で「伯軒、この事件を通じて君がもっと中国本土を好きになり、もっと両岸(中台)の歴史を理解すると信じているよ」などとメッセージを送っている。(翻訳・編集/北田
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/05/31 00:52)

    まあ、間違ってはいない。ジャパニメーション大好きなオタ放置してるとか、日本行きの旅行者を止められないとか、色々脇は甘いけどね。 とはいえ、日本だって無縁じゃないんだよコレ。 何度も何度も繰り返すCMとか歌。「空気」を作れば勝ち。そういう手法は洗脳の一種だよ。オウム真理教とかも歌大好きだったしね。 具体的な例を挙げればAC。アーマー○・コアでもエース○ンバットでもなく公共広告機構の事だが、原発事故の時に何度も流れた「ぽぽぽぽーん」のCMが代表的か。原発事故の報道を誤魔化す(放送枠を潰す)ために何度も流されてたが、その他にもACのCMは心に響くものが多い。だがそれはACが「まっとうな組織である」というイメージを植え付けるある種の洗脳だ。実際は原発村と関わりの深い、業の深い組織なんだけどね。 まあ、国歌なんてものも「愛国心」を育てるための「洗脳の歌」だという側面もある。日本だけの話じゃないけど。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • pik***** | (2018/05/30 22:32)

    >「中国は洗脳が好き」 ↑中国さん・・これは本当の事でしょ! 「不適切な発言」では無い!!的を得ていますよ!! 台湾人の方が本土より優秀な人が多いい様ですね。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事