夕張メロンが2玉で320万円!過去最高値に「俺の年収と同じ」「長野で1玉3000円のを見掛けたが…」―中国ネット

Record China    2018年6月1日(金) 9時30分

拡大

28日、新浪新聞の中国版ツイッター・微博アカウントの微天下は、日本メディアの報道を引用し、夕張メロンに2玉320万円の値段がついたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はメロン。

2018年5月28日、新浪新聞の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントの微天下は、北海道札幌市で行われた夕張メロンの初競りで2玉320万円の値段が付いたと伝えた。

記事は日本メディアの報道を引用し、「26日に札幌市中央卸売市場で初競りが行われ、夕張メロン2玉に320万円の過去最高値が付いた」と紹介。「これまでは16年の2玉300万円が最高値だった」と伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「これって誰が食べるんだ?」「俺がスーパーで買うメロンと違いが本当にあるのか?」「食べたら不老不死になれるんじゃないか?」「メロン2玉が俺の年収と同じだ…」など、驚きを示すコメントが多く寄せられた。

また、「長野県で1玉3000円のメロンが売られているのを見たことがあるが、全然高くなかったんだな」というコメントのほか、「北海道旅行に行ったときに夕張メロンを食べたことがある。中国の普通のメロンよりはレベルが高かったが、新疆メロンの甘さには及ばないと思った」「新疆メロンを日本に送って味わってもらった方がいい」と新疆ウイグル自治区のメロンに相当の自信を持っていることをうかがわせる声も聞かれた。(翻訳・編集/山中)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携