親密さを象徴?2回目の南北首脳会談でテーブルから消えたもの=韓国ネット「平和が近づいている」

配信日時:2018年5月28日(月) 12時40分
親密さを象徴?2回目の南北首脳会談でテーブルから消えたもの
画像ID  994466
28日、韓国・ノーカットニュースによると、韓国の文在寅大統領は26日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と2回目となる首脳会談を行った。資料写真。
2018年5月28日、韓国・ノーカットニュースによると、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、北朝鮮金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と2回目となる首脳会談を行った。

今回の首脳会談は前回(4月27日)の首脳会談と同様、南北軍事境界線上にある板門店で行われた。文大統領は会談の結果発表文で「友人間の平凡な日常のように行われた今回の会談は大きな意味を持つ。南北はこのように会わなければならない」と評価した。

記事は「これまでの南北首脳会談の形式の完全なる崩壊を知らせるシグナル」と伝え、「ソウルや平壌でなくても、両首脳が願えばいつでも板門店でシャトル首脳会談ができるということを示した」と説明している。板門店での会談はソウルや平壌で開かれる南北首脳会談と違い、複雑な手続きなどがいらないため、議題のみに集中できるという。

また、記事は今回の首脳会談で注目すべきものの一つとして「首脳間のテーブルにマイクがなかったこと」を挙げている。大統領府が公開した動画では、2人の首脳の声がはっきりと聞こえない。記事は「両首脳が虚心坦懐に意見を交わしたことを強く意味する」と分析し、「両首脳は体制保障案の一つとして終戦宣言問題について、非常に深い議論を交わし、暫定的な結果も出したはずだ」としている。

さらに、首脳会談が行われる際、横にある状況室に対話の内容が中継されるのだが、通常は多くの関係者らがモニタリングするところを、今回は叙勲(ソ・フン)国家情報院院長と金英徹(キム・ヨンチョル)北朝鮮統一戦線部長のみだったという。

記事は最後に「過去の方式を脱した対話方式は、今後の非核化交渉や南北関係の議論で生じる衝突や難しい課題を克服するための大きな財産となる」との期待を伝えている。

これについて、韓国のネットユーザーからは「マイクだけでなく通訳もいない。一つの民族であることを実感する」「頻繁に会って正直に話せばすぐに仲良くなれる。朝鮮半島に平和が近づいているようで嬉しい」「今回の会談は朝鮮半島の未来にとって大きなきっかけとなる。文大統領の知恵で良い結果を導いてほしい」「金正恩は韓国の大統領が文在寅であることに感謝すべき」「平和と統一は私たち民族の最終カード。実現させて、後世に引き継がなければならない」など、朝鮮半島統一に向けて期待の声が数多く寄せられている。(翻訳・編集/堂本
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事