金正恩氏は中国に操られているわけではない―仏メディア

配信日時:2018年5月28日(月) 13時30分
金正恩氏は中国に操られているわけではない―仏メディア
画像ID  994443
28日、仏国際放送局RFIの中国語サイトは、米朝首脳会談への機運が再び高まり出したことについて、「会談への中国の影響は限定的」との見方を示した。資料写真。
2018年5月28日、仏国際放送局RFIの中国語サイトは、米朝首脳会談への機運が再び高まり出したことについて、「会談への中国の影響は限定的」との見方を示した。

記事は「トランプ米大統領が24日に米朝首脳会談のキャンセルを発表したが、北朝鮮の姿勢は冷静で、トランプ氏を翻意させるべく画策した。そして、さらに意外なことは、2度目の南北首脳会談が行われ、金正恩(キム・ジョンウン)氏が米朝会談への『揺るがぬ意志』を示したことだ。そこからは、金氏が米朝会談実現に対して、強い願望を持っていることが判断できる」とした。

そして、26日の南北会談後に韓国文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「金氏が朝鮮半島の完全な非核化を改めて望んだ」との声明を発表するのとほぼ同時に、トランプ大統領も予定通り6月12日にシンガポールで米朝首脳会談を行う意向を示し、米国務省も代表団が27日に北朝鮮入りしたことを明かした。

北朝鮮の姿勢をめぐっては、金氏が2度訪中して習近平(シー・ジンピン)国家主席と会談したことで変化が生じ、「北京の後ろ盾を得て、段階的な非核化を望む金氏が米国に対して強硬な態度を見せ始めた」との見方が大方を占めていた。

これに対して記事は「平昌五輪をきっかけとした南北の接近にしても、5年間関係が冷却していた中国への接近にしろ、金氏個人の意志が最も強く働いたものと見られる」と分析。「金氏は固い意志と明確な目標を持っており、簡単に中国に操られる人物ではない。米首脳との直接会談は金家3代が努力してきた目標であり、中国との関係改善のために米国と1対1で対話する歴史的なチャンスを失うことはあり得ない」と論じた。

そして「中国に急接近したのは、金氏の聡明な打算によるものであることは明らかだ。中国が自分にとって大切であると同時に、自分も中国にとって重要であることを理解している。米朝会談の実現に対する中国の影響は限定的。金氏は中国との関係強化を望むとともに、中国政府には米朝会談にあれこれ口を挟んでほしくないのだ」としている。(翻訳・編集/川尻
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事