南北首脳が2回目会談、トランプ大統領は米朝会談開催に前向きな意向=大きく動く朝鮮半島情勢

配信日時:2018年5月27日(日) 13時50分
南北首脳が2回目会談、トランプ大統領は米朝会談開催に前向きな意向
画像ID  994400
27日、韓国の文在寅大統領が北朝鮮の金正恩委員長との2回目となる首脳会談を行い、米朝首脳会談の中止を発表していたトランプ米大統領は、従来どおりの予定での開催に前向きな意向を明らかにするなど、朝鮮半島情勢が大きく動いている。写真は板門店。
2018年5月27日、韓国文在寅(ムン・ジェイン)大統領が北朝鮮金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との2回目となる首脳会談を行い、米朝首脳会談の中止を発表していたドナルド・トランプ米大統領が従来どおりの予定での開催に前向きな意向を明らかにするなど、朝鮮半島情勢が大きく動いている。聯合ニュースなど複数の韓国メディアが伝えた。

韓国の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官は書面で、文大統領が26日午後3時から同5時まで、板門店北側地にある「統一閣」で金委員長と会談したことを明らかにした。尹首席秘書官は「両首脳が4・27板門店宣言の履行と米朝首脳会談の開催成功のために虚心坦懐に意見を交換した」と説明した。

文大統領は27日午前10時からの記者会見で、南北首脳会談の内容について「金委員長は、朝鮮半島の完全な非核化の意思がしっかりしていることを昨日もう一度明確に表明していた」とし、「金委員長(の態度)が不明瞭なのは、非核化の意思ではなく自分たちが非核化した場合、米国が敵対関係を終息し体制の安定を確保することについて、確かに信頼できるのかどうかの心配があるからだと思う」と述べた。さらに「韓米首脳会談でトランプ大統領は、北朝鮮が非核化する場合、敵対関係を確実に終息させるだけでなく、経済的繁栄まで支援する意思を明らかに表明した」と付け加えた。

ロイター通信やAFP通信によると、トランプ大統領は26日(現地時間)、「6月12日、米朝首脳会談に変更はない」とし、米朝首脳会談のための議論が「非常に非常に、うまく進められてきた」と述べた。

韓国メディアはトランプ大統領のこのような発言を受け「6月12日の米朝首脳会談の再推進を公式化したものと解釈される」と分析している。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「文在寅よくやった」「歴代大統領の中で、一番よい仕事をしている」「国民はいつも応援している」など、文大統領の政治手腕を称賛する声が寄せられた一方で、「こっそりと金正恩と会談して、その内容をまともに受ける間抜けだ」「まあ、どうなるかもう少し見ていれば分かる」など、懐疑的な意見も見られた。

その他に、「結局、トランプは政治の天才なのか?」「米国がどのように出ようが、南北が団結して継続的に民間交流して行こう」などとするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事