北朝鮮に宿泊した外国人記者がびっくり「まるで王族になった気分」=韓国ネット「すべてが虚像」「国民は飢えているのに」

配信日時:2018年5月24日(木) 16時30分
北朝鮮に宿泊した外国人記者がびっくり「まるで王族になった気分」
画像ID  994003
23日、韓国・中央日報によると、北朝鮮の豊渓里核実験場の廃棄現場を取材するため22日に中国から北朝鮮入りし、元山市のホテル「Kalma Hotel」に一泊した外国人記者が「王族のように歓迎された」と語った。資料写真。
2018年5月23日、韓国・中央日報によると、北朝鮮の豊渓里(プンゲリ)核実験場の廃棄現場を取材するため22日に中国から北朝鮮入りし、元山(ウォンサン)市のホテル「Kalma Hotel」に一泊した外国人記者が「王族のように歓迎された」と語った。

記事によると、ロシアメディア「ロシア・トゥデイ」の記者は同日、自身のツイッターに「ホテルでは、朝食には新鮮な果物、昼食にはフカヒレスープ、夕食にはカニ料理が銀食器で提供された。私たちは、中国の北京では有名人のような経験をし、ここ(北朝鮮)では王族のように歓迎された。時々、彼らが私たちを別の人間と考えているように感じる」とつづった。

同記者が掲載したホテルの部屋の写真には、、米国のホテルチェーン「シェラトン」のマークが刻印されたヘアブラシやカミソリ、石けんなどのアメニティー用品が写っていた。シェラトンホテルのアメニティーがどのようにして北朝鮮に提供されたかは確認されていないという。

米国、英国、ロシア、中国、韓国の5カ国の取材陣は同日、同ホテルを出発して列車で豊渓里に向かった。24日午前には核実験場に到着する予定となっている。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「市民は飢えていると聞くが…」「北朝鮮住民が食料不足で苦しんでいる中、何ということだ」「北朝鮮は国民無視で体裁だけを重視している」「その豪華な食事は北朝鮮住民の血と涙でできている」など、北朝鮮の深刻な食糧難の現状を指摘し、批判する声が多く寄せられた。

また「まさにこれが北朝鮮の戦略・戦術」「これも政治ショーの一貫」「すべてが虚像」など、北朝鮮式の策略と主張する声も見られた。(翻訳・編集/三田)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事