Record China

ヘッドライン:

ナイキとアディダスが工場を中国から撤退、背景に何が―米メディア

配信日時:2018年5月24日(木) 12時20分
拡大
ナイキとアディダスが生産を中国から撤退させ始めたと伝えられた。コスト高に加え、中国製造業の変化が背景にあるという。

2018年5月22日、米メディアは、「ナイキとアディダスが生産を中国から撤退させ始めた」と伝えた。アジアでの生産業務を中国からベトナムへ移転させているという。環球時報が伝えた。

中国から撤退する外国企業が増え続けている。その理由はコストの高さだ。アディダスは2017年に靴製品の44%をベトナムで生産。前年と比べ13%増加した。ナイキも靴製品で中国製は32%から19%にまで減らしている。

中国の製造業は長年にわたってコストの安さと大量生産が特徴だったが、現在は豊富な経験と高い技術でより高品質な製品の生産に変化したことも背景にある。今ではバレンシアガやプラダ、バーバーリーなど有名ブランドの多くが中国に生産拠点を置くようになっている。

記事は、CNNが2016年に「中国の労働力コストは米国よりも4%しか低くない」と指摘。給与の増加ペースが生産率を大きく上回る上、人民元高も進んでいることから「中国製造業は省コストの万能薬ではなくなる」と伝えていた。

記事は「2年後の現在、CNNの報道は現実となった」とし、「中国で生産すれば低コスト・高利益を実現できるという考えは過去のものとなっている」と報じた。(翻訳・編集/岡田)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国GM撤退問題、約7800億円の支援も懸念払拭されず=「これがまともな国がすることか?」「出ていく企業は止められない」―韓国ネット

11日、韓国・国民日報によると、韓国政府と米国GM本社が韓国GMの経営正常化のためのパッケージ支援案に合意したにもかかわらず、韓国内生産工場の縮小または撤退の懸念は消えていない。資料写真。

Record China
2018年5月12日 6時40分
続きを読む

韓国大手スーパーチェーンが中国から撤退、保有店舗をタイ企業に売却―香港メディア

29日、星島環球網は記事「この韓国スーパーも全面撤退へ=昨年の損失額は1億3000万元」を掲載した。韓国・聯合ニュースによると、韓国・新世界グループ旗下の大型スーパーチェーン、イーマートの中国業務売却が完了しつつある。資料写真。

Record China
2018年1月1日 7時30分
続きを読む

ランキング