Record China

ヘッドライン:

日本人と韓国人とは違う……なぜ中国人は中国人ばかりをだますのか―中国コラム

配信日時:2018年5月23日(水) 12時0分
拡大
21日、米華字メディア・多維新聞は、日本をはじめとする海外において中国人が中国人をだますトラブルが頻発する背景について分析したコラム記事を掲載した。以下はその概要だ。資料写真。

2018年5月21日、米華字メディア・多維新聞は、日本をはじめとする海外で中国人が中国人をだますトラブルが頻発する背景について分析したコラム記事を掲載した。以下はその概要。

この問題は海外にいる中国人にとっては古くからのものだ。海外に移民した華人はみんな知っているが、同じアジア系でも日本人と韓国人は団結するが、中国人だけはそうはいかない。良い人もいるが、相対的に中国人が中国人をだますことはよく見られる。最近では日本でよく不法ガイドに関するトラブルが多く伝えられているが、そのほとんどが中国人であり、しかも同胞をだましているのである。

このような現象が起きるのは、中国人が賢すぎるからだと思う。ここでいう「賢い」とは「計算ができる」ということで、目先のちょっとした利益を得ようとする。それを得ようとしなければご先祖様や家族に申し訳が立たないのだ。そうした「賢い」人たちの大多数は、信用を得てブランドを育てる、リピーターを増やすなどといった長期的な打算をそもそも持たない。

実際、中国国内でも中国人が中国人をだましている。相手が訴えを起こさない、あるいは起こしても効果がないと見れば、必ずその人をだますのである。外国では法規が厳しく、外国人をだませば訴えられる確率が高い。そこで、外国語ができず、現地のルールに暗い金持ちの中国人をターゲットにするのだ。

海外に何世代住んでいようと、海外に移り住んだばかりだろうと、およそ中国人の同胞は法律に対する意識が弱い。中国人の文化の中で、法律が占める割合が非常に少ないのだ。中国人は見知らぬ人の前では基本的に道徳を重んじない。外国に出ればみんな見知らぬ人だ。海外生活の長さや世代は関係なく、知り合い同士の関係でのみ、道徳を大切にするのである。(翻訳・編集/川尻

【映像紹介】
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリー 動画はこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「日中韓」「中日韓」なぜいつも韓国が最後なのか?日本人と中国人の回答に、韓国人の反応は…

日本と中国、韓国3カ国の代表が歴史について互いの意見を出し合う韓国のテレビ討論番組で、「この3カ国は、日本では『日中韓』、中国では『中日韓』と呼ばれているが、なぜ韓国はいつも最後なのか」と韓国の代表が疑問を呈した。資料写真。

Record China
2017年7月11日 12時20分
続きを読む

ランキング