Record China

ヘッドライン:

中国民間企業が自主開発、汎用機「GA20」がラインオフ―中国メディア

配信日時:2018年5月23日(水) 20時40分
拡大
冠一通用飛機公司が自主開発した単発・4座固定翼プロペラ汎用機「GA20」1号機が21日、江西省南昌市で順調にラインオフし、テスト滑走を無事完了させた。
(1/5枚)

冠一通用飛機公司が自主開発した単発・4座固定翼プロペラ汎用機「GA20」1号機が21日、江西省南昌市で順調にラインオフし、テスト滑走を無事完了させた。新華社が伝えた。

その他の写真

同社GA20チーフエンジニアのJean-Paul VAUNOIS氏によると、同機は「lycomingo320」エンジン、「Garmin」アビオニクス、最軽量のフル炭素繊維プロペラを採用する。最大航続距離は1200キロ、最高速度は時速360キロ、上昇率は3.4メートル毎秒。高度2600メートルを出力75%で飛行する場合のガソリン消費量は32リットル毎時。その燃費性能は世界のライバル機種の中で上位を占める。

GA20はさらに航空機の「カスタマイズ化」コンセプトを採用。各種動力と設備、各種内装を選択でき、ユーザーのさまざまな需要を満たす。そのため飛行練習や航空旅行、飛行体験、個人飛行など、幅広い用途で利用することができる。

汎用航空産業は近年、国の戦略的新興産業として、政策と市場という両輪駆動を受けている。中国民用航空局の第13次五カ年計画によると、中国汎用空港の数は2020年までに500カ所以上に、汎用航空機数は5000機以上に、年間飛行量は200万時間を目指す。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「日中の空母競争が現実化?」と韓国紙、中国初の国産空母は試験航海に、日本は護衛艦にF35B搭載し運用も

韓国紙は試験航海を始めた中国初の国産空母などを取り上げる一方、日本は大型護衛艦を改造し、空母のように運用しようとする動きを見せている、と報道。日中の空母競争が現実化するかに注目が集まっている、と伝えている。写真は中国の遼寧号。

Record China
2018年5月20日 15時30分
続きを読む

中国軍機8機が宮古海峡からバシー海峡上空まで飛行、自衛隊機がスクランブル=「日常の活動です」「別に日本の領空を侵したわけじゃない」―中国ネット

11日、環球時報は、自衛隊統合幕僚監部からのお知らせを引用し、中国軍機8機が宮古海峡からバシー海峡上空まで飛行したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2018年5月12日 17時0分
続きを読む

ランキング