中国高速鉄道に世界各国が警戒、独仏大手は事業統合で対抗―米華字メディア

Record China    2018年5月22日(火) 13時10分

拡大

17日、米華字メディア・多維新聞は、中国高速鉄道の国際市場への進出に世界各国が警戒を強めていると伝えた。

2018年5月17日、米華字メディア・多維新聞によると、中国高速鉄道の国際市場への進出に世界各国が警戒を強めている。

2017年9月、独シーメンスと仏アルストムが鉄道事業を統合させ「シーメンス・アルストム」となったが、その目的は世界最大の鉄道車両メーカー・中国中車に対抗することにあるという。

独紙ターゲスシュピーゲルは17日、「メルケル内閣で閣僚を務めたジグマール・ガブリエル氏の打ち出した施策は、中国によるドイツ企業買収への対策や欧州連合(EU)の分裂を図る動きに対する抑止だった」と伝えた。

16年末の時点で中国高速鉄道の営業距離は2万2000キロと猛烈なペースで伸ばしており、20年には3万8000キロに達する見込み。ドイツ通信社は中国高速鉄道の世界進出に懸念を示し、鉄道ビッグスリーの2強であるシーメンスとアルストムの統合への期待を伝えている。

一方、米メディア・ビジネスインサイダーは記者が実際に中国の高速鉄道に乗車した経験を記事にまとめた。「北京から西安の約1200キロをわずか4時間半で移動でき、便利で速く、しかも安い」とし、「米国はインフラ面で中国に完全において引き離されてしまった」と不安をつづっているという。(翻訳・編集/岡田)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携