Record China

ヘッドライン:

「中国は大日本帝国とは違う」、米誌が対中政策を批判―中国メディア

配信日時:2018年5月22日(火) 9時50分
拡大
20日、米誌グローバリズムは、米国政府の対中戦略の欠点を指摘し「中国は『大日本帝国』ではない」と批判した。資料写真。

2018年5月20日、米誌グローバリズムは、米国政府の対中戦略の欠点を指摘し「中国は『大日本帝国』ではない」と批判した。星島環球網が伝えた。

記事は、「米国防総省は中国軍に対し、全方位的な優位性を保とうとしている。南シナ海、太平洋西部海域における中国の影響力拡大を阻止し、同盟国とのきずなを強める考えだ。中国が軍国主義時代の日本なら、道理もあろう。しかし、中国は大日本帝国ではない。一方、中国は世界各地に同盟国を増やし、着々と米国包囲網を巡らせ始めた。政治、ビジネス、金融での関係を密にし、相手国が断りにくい関係を築く努力をしている」として。

その上で、「疑うまでもなく、中国の手法は軍事的に一定の成果を上げている。さらに重要なのは、米国が中国のゲームのやり方に対応できていないことだ。中国が経済構想『一帯一路』を唱えれば、米国はオーストラリアに海軍部隊を派遣する。人民元の国際化を目指せば、米国はF-35戦闘機を追加購入する。これが米国の戦略なのか?」と指摘。

「米国の未来戦略は自由な平和に基づいており、自由市場、民主政治が核心となる。しかし、中国は米国の哲学を認めていない。貿易交渉では米国につける薬がないことが暴露されてしまったのだ」と論じた。(翻訳・編集/大宮)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

「日中の空母競争が現実化?」と韓国紙、中国初の国産空母は試験航海に、日本は護衛艦にF35B搭載し運用も

韓国紙は試験航海を始めた中国初の国産空母などを取り上げる一方、日本は大型護衛艦を改造し、空母のように運用しようとする動きを見せている、と報道。日中の空母競争が現実化するかに注目が集まっている、と伝えている。写真は中国の遼寧号。

Record China
2018年5月20日 15時30分
続きを読む

ランキング