Record China

ヘッドライン:

丸々とした体が特徴、赤外線カメラがマヌルネコの活動捉える―中国

配信日時:2018年5月24日(木) 1時50分
拡大
三江源国家公園瀾滄江源管理委員会と山水自然保護センターは赤外線カメラによりマヌルネコが活動する様子を捉えた映像を公開した。マヌルネコは、体は丸々とし、その大きさは通常ペットとして飼われている猫と大差なく、草原やゴビ砂漠地帯に生息する。
(1/5枚)

三江源国家公園瀾滄江源管理委員会と山水自然保護センターは16日、先ごろ赤外線カメラにより瀾滄江源地区でマヌルネコが活動する様子を捉えた映像を公開した。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

マヌルネコはネコ科の国家2級保護動物。体は丸々とし、その大きさは通常ペットとして飼われている猫と大差なく、草原やゴビ砂漠地帯に生息する。ナキウサギや野生のウサギ、サケイなどをエサとしている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

なぜ?竹島に住む韓国のマスコット犬に動物虐待疑惑=韓国ネット「動物保護とも言える」「もともと独島にいなかった犬だろう」

4日、韓国・ソウル新聞によると、竹島(韓国名:独島)のマスコット犬とされ、竹島で暮らす「サプサル犬」が繁殖防止のための去勢手術を受けたことが明らかになった。写真は韓国の空港にある独島PRポスター。

Record China
2018年1月8日 11時50分
続きを読む

ランキング