桜観光の中国人ツアー客、春の日本でとんだ悪夢見るハメに=罰当たり旅行社のせいで―中国メディア

配信日時:2012年4月9日(月) 11時26分
桜観光の中国人ツアー客、春の日本でとんだ悪夢見るハメに=罰当たり旅行社のせいで―中国メディア
画像ID  323066
8日、中国新聞網は、日本訪問の中国人観光客ツアー団を襲ったとんでもないトラブルを報じた。企画会社とアテンド担当の間で金銭トラブルが発生。何の罪もない観光客らは異国の街角に放り出された。写真は大阪。
2012年4月8日、中国新聞網は、日本訪問の中国人観光客ツアー団を襲ったとんでもないトラブルを報じた。

その他の写真

問題のツアー団は福建省の旅行社が企画した「大阪・東京桜観光6日間ツアー」。料金は1人6580元(約8万4800円)で29人が参加した。1日、まずは大阪に到着。観光客は快適な旅行を楽しみたいとガイドにチップを渡したが、異変はすぐに起こった。

4つ星ホテルに宿泊という触れ込みだったが、実際はオンボロホテル。しかもなんか変なにおいがする。ガイドはやる気なくほとんど説明してくれないどころか、観光地につくと後は自由行動と言うばかり。

そして5日午後6時、千葉市についたところで最大の事件が起きた。夕食を食べているレストランで、ガイドは「バスが故障したので修理に行きます」と観光客を置き去りにして立ち去った。レストランが閉店してもまだ戻ってこない。観光客らは荷物を抱えたまま、千葉市内をうろうろする羽目になった。幸運にも旅行客の一人が日本語を話せたため、勇気を振り絞り警察に相談した。

警察の連絡を受け、夜11時頃、ようやくガイドが戻ってきたが、そこで驚きの事実が発覚する。実はバスは故障などしていなかった。担当ガイド及び日本の受け入れ側旅行社(中国人経営)がツアーを企画した旅行社から関連費用を受け取っていないというトラブルがあったためだという。

ガイドは旅行客らに1人2万5000円を支払えばなんとかしようともちかけたが、旅行客らはこれを拒否。見かねた警察が仲介し、ガイドもしぶしぶ受け入れた。旅行客らがホテルに入れたのは深夜3時のこと。翌6日、このとんでもない日本ツアーはようやく終了した。(翻訳・編集/KT)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事