史上最も重いロンドン五輪の金メダル、「かまないで」と組織委員会―中国メディア

Record China    2012年4月9日(月) 16時1分

拡大

6日、五輪史上最も重いロンドン五輪金メダルについて、組織委員会は「かまないで」と警告している。写真は12年2月、英リーズで開催された五輪関連イベント。中国人アスリートや大学生が集まった。

(1 / 8 枚)

2012年4月6日、中国広播網は記事「五輪史上最も重いロンドン五輪金メダル、組織委員会はかまないでと警告」を掲載した。

その他の写真

英誌の報道によると、ロンドン五輪金メダルの重さは400グラム。直近5回の五輪金メダルの平均と比べ、2倍以上の重さとなる。メダルは銀の上に金をメッキしたもの。かんでしまうと、メッキの下が見えてしまうため、組織委員会は「かまないで」と警告している。

五輪メダルの材質については国際オリンピック委員会(IOC)の規定があり、重量の92.5%は銀を使うこと、外側に金をメッキすることが定められている。金の使用量は最低6グラムと定められている。今回は銀の使用量が多いこと、銀価格が上昇していることから、金メダルの金属原料価格で見ると、銀の費用が金メッキを初めて超えたという。(翻訳・編集/KT)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携