【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

リン・チーリンが30代最後の下着イメキャラ、CM話題の女性スターたち―台湾

配信日時:2012年4月8日(日) 0時11分
リン・チーリンが30代最後の下着イメキャラ、CM話題の女性スターたち―台湾
画像ID  322913
6日、モデルで女優のリン・チーリンが下着メーカーの新イメキャラに起用されたことが話題に。ニュースサイトのNOWnewsでは、下着メーカーに起用され、話題になった女性スターたちの顔触れを伝えている。
2012年4月6日、モデルで女優のリン・チーリン(林志玲)が下着メーカーの新イメキャラに起用されたことが話題に。ニュースサイトのNOWnewsでは、下着メーカーに起用され、話題になった女性スターたちの顔触れを伝えている。

その他の写真

チーリンはこのほど、中国の下着メーカー・都市麗人の新イメキャラに起用された。同メーカーではチーリンの名前を冠した「Chiling Cutting」シリーズを立ち上げ、ギャラは2300万台湾ドル(約6400万円)という気合いの入れようだ。チーリンは40歳を目前に記念の意味でイメキャラを引き受けたという。

出演した下着CMで、子供を持つ親から苦情殺到したのがジョー・チェン(陳喬恩)。スリムな体にDカップのジョーは2010年、出演したCMで胸が揺れすぎるとして、テレビ局に苦情が殺到。それが逆に、ジョーの人気に拍車を掛けた。

ビビアン・スー似で知られるティア・リー(李毓芬)も、トリンプ社の下着CMが話題になった。「美胸皇后」の名称も与えられている。

08年、当時の女性スターの下着CM出演ギャラの最高額を塗り替えたのが、ドラマ「敗犬女王」などで知られるシェリル・ヤン(楊謹華)。“プチ熟女”のお色気が、男性ばかりでなく女性からも高い人気を集めた。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事