「銀河鉄道999」の実写化が韓国でも話題に、ネットは期待より懸念「夢が壊れる」「どうして日本は…」

配信日時:2018年5月17日(木) 22時10分
「銀河鉄道999」の実写化が韓国でも話題に、ネットは期待より懸念
画像ID  992250
16日、韓国・国民日報が、日本で1980年代の人気SF漫画「銀河鉄道 999」が実写化されるとのニュースを伝え、韓国のネット上で注目を集めている。資料写真。
2018年5月16日、韓国・国民日報が、日本で1980年代の人気SF漫画「銀河鉄道 999」が実写化されるとのニュースを伝え、韓国のネット上で注目を集めている。

記事は日本メディアの報道を引用し、今年で発表から40年を迎える「銀河鉄道 999」の実写版が18日に生放送されると伝えた。ドラマ化されるのは今回が初めてで、主演・メーテル役は女優の栗山千明、鉄郎役は前田旺志郎が務める。

漫画「銀河鉄道 999」は韓国でも大きな人気を集めていた。そのためこのニュースにも多くのコメントが寄せられているが、「実写化すると夢が壊れてしまう」「どうして日本は素晴らしいアニメを次々実写化してしまうのか」「素晴らしい原作のイメージを壊すのはもったいない」「日本人も韓国人もみんな反対しているはず」など実写化に否定的な声が多い。

また「メーテルはともかく、鉄郎はパク・チソンに依頼すべきだったのでは?」「キャストには韓国の俳優を推薦する。鉄郎に似ている人がいっぱいいるよ」「メーテルは日本語のうまい西洋人にしてほしかった」などの声も。

一方で「日本の漫画やドラマはレベルが高いから楽しみ」「どんな作品になるのだろう?CGや特殊効果が生放送で可能なの?」「ちょっと不安だけど絶対見たい」など期待を寄せる声も上がっている。(翻訳・編集/堂本
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事