日本の外交青書、中国との関係の表現で「前向きかつ大きな変化」―中国メディア

配信日時:2018年5月16日(水) 19時10分
日本の外交青書、中国との関係の表現で「前向きかつ大きな変化」
画像ID  991915
16日、中国メディアの観察者網は、日本政府がこのほど発表した2018年版の「外交青書」について、「中日関係に関する表現に大きな変化が見られた」と報じた。資料写真。
2018年5月16日、中国メディアの観察者網は、日本政府がこのほど発表した2018年版の「外交青書」について、「中日関係に関する表現に大きな変化が見られた」と報じた。

記事は「河野太郎外相が15日の閣議で報告した18年版の外交青書で、中日関係の表現に前向きかつ重要な変化が見られた」とし、日中関係について16、17年版は「改善の流れが見られる」との表現だったものが、18年版では「改善の機運が大きく高まった」へと変化したことを紹介した。

記事はさらに日本メディアの報道を引用し、18年版の外交青書では「中国による沖縄県・尖閣諸島周辺への領海侵入や東シナ海での一方的なガス田開発などの懸案は、昨年はアジア地域情勢の冒頭で紹介していたが、今年は関係改善の流れを反映して各論での説明にとどめた」ことも紹介した。(翻訳・編集/柳川)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事