Record China

ヘッドライン:

日本の外交青書、中国との関係の表現で「前向きかつ大きな変化」―中国メディア

配信日時:2018年5月16日(水) 19時10分
拡大
16日、中国メディアの観察者網は、日本政府がこのほど発表した2018年版の「外交青書」について、「中日関係に関する表現に大きな変化が見られた」と報じた。資料写真。

2018年5月16日、中国メディアの観察者網は、日本政府がこのほど発表した2018年版の「外交青書」について、「中日関係に関する表現に大きな変化が見られた」と報じた。

記事は「河野太郎外相が15日の閣議で報告した18年版の外交青書で、中日関係の表現に前向きかつ重要な変化が見られた」とし、日中関係について16、17年版は「改善の流れが見られる」との表現だったものが、18年版では「改善の機運が大きく高まった」へと変化したことを紹介した。

記事はさらに日本メディアの報道を引用し、18年版の外交青書では「中国による沖縄県・尖閣諸島周辺への領海侵入や東シナ海での一方的なガス田開発などの懸案は、昨年はアジア地域情勢の冒頭で紹介していたが、今年は関係改善の流れを反映して各論での説明にとどめた」ことも紹介した。(翻訳・編集/柳川)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本の外交青書から「韓国は最も重要な隣国」が消えた!韓国メディアが「二面性のある行動」と批判

15日、韓国メディアは、日本の外交の基本方針を示した「外交青書」の韓国についての表現から「最も重要な隣国」が消え、「良好な日韓関係は、アジア太平洋地域の平和と安定にとって不可欠である」となったことを伝えた。資料写真。

Record China
2018年5月16日 12時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング