日本の外交青書から「韓国は最も重要な隣国」が消えた!韓国メディアが「二面性のある行動」と批判

配信日時:2018年5月16日(水) 12時20分
「韓国は重要な隣国」が消えた日本の外交青書、韓国メディアが批判
画像ID  991795
15日、韓国メディアは、日本の外交の基本方針を示した「外交青書」の韓国についての表現から「最も重要な隣国」が消え、「良好な日韓関係は、アジア太平洋地域の平和と安定にとって不可欠である」となったことを伝えた。資料写真。
2018年5月15日、韓国・JTBCは、日本の外交の基本方針を示した「外交青書」の韓国についての表現から「最も重要な隣国」が消え、「良好な日韓関係は、アジア太平洋地域の平和と安定にとって不可欠である」となったことを伝えた。

外交青書の表現を受け、JTBCは「日本政府は北朝鮮の核と拉致問題の解決などにおいて、韓国の協力と緊密な連携を強調してきた」とした上で「ジャパンパッシング(北朝鮮問題から日本が除外されること)が起こる中で自国の利益のみを考える、二面性のある行動」と分析した。さらに「日本は韓国の領土と過去の歴史に関連した歪曲(わいきょく)主張を大幅に強化した」とし、「『日本海が国際法的に確立された唯一の呼称』とする内容を新たに盛り込み、独島(日本名:竹島)領有権も固守。軍による慰安婦の強制連行はなかったとする主張も繰り返している」と指摘した。

最後にJTBCは「領土問題などを浮上させることで、支持層へ確実にアピールしようとする安倍政権の挑発が日韓関係をさらに悪化させている」と日本政府の姿勢を批判している。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは4000件を超えるコメントが寄せられており、この問題への関心の高さがうかがえる。コメント欄には「日本はもう友邦ではない。主敵である」「このままジャパンパッシングを続けるのがいい」「日本国民は遵法精神に優れているし、国は先進国だが、政治は帝国主義の残党が残る遅れた体制のままだ」など日本への多くの批判とともに、「日本の悪口を言いながら、日本旅行に行くやつが多いんだよな」と矛盾した韓国国民の行動を指摘する声が寄せられている。

また「日本は大きな勘違いをしているようだ。独島が大韓民国の領土であって、竹島が大韓民国の領土と発言したことはない。竹島が日本の領土であっても関心ない」との意見も見られた。

その他に「日本は統一後の朝鮮半島を警戒しているのだ」「必要に応じて近づいたり、遠ざかったりするのが外交」などとするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事