窓脱落で体が外に吸い出されそうになった中国機の副操縦士、ピースサインで無事報告―中国

配信日時:2018年5月15日(火) 18時20分
窓脱落で体の半分が外に=中国機の副操縦士、ピースサインで無事報告
画像ID  991550
15日、中国メディアの四川日報は、四川航空の旅客機が飛行中に操縦席の窓ガラスが割れたため成都の空港に緊急着陸したトラブルで、外に吸い出されそうになり顔と腰を負傷した副操縦士と緊急降下した際に軽いけがをした女性乗務員の病院での様子を伝えた。
2018年5月15日、中国メディアの四川日報は、重慶からチベット自治区のラサに向かっていた四川航空の旅客機が飛行中に操縦席の窓ガラスが割れたため成都の空港に緊急着陸したトラブルで、外に吸い出されそうになり顔と腰を負傷した副操縦士と緊急降下した際に軽いけがをした女性乗務員の病院での様子を伝えた。

その他の写真

記事によると、2人とも状態は良好で、副操縦士はピースサインで無事を報告した。

中国新聞網は、今回のトラブルについて「1万メートル上空で操縦席の右前方の窓ガラスが破損した。そのため室内の気圧が一瞬にして下がり、気温もマイナス40度まで急降下した。徐瑞辰(シュー・ルイチェン)副操縦士の体の半分がもう少しで外に吸い出されるところだった。だがシートベルトに守られた。徐副操縦士の半袖の上着と長ズボンはボロボロに破けていた」などと当時の状況を伝えた。

乗客29人も体の不調を訴えて病院で診察を受けたという。

中国新聞網は、「劉伝健(リウ・チュワンジエン)機長は、自動化設備が機能を失う中、20年の飛行経験を頼りに手動操縦で成都双流国際空港への緊急着陸に成功し、乗客119人と乗員9人の命を守った。その間、わずか20分間だった」とし、「20分間の奇跡の緊急着陸」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事