飛行中に操縦室フロントガラスが爆裂、機長が語る極限の緊急着陸―中国

配信日時:2018年5月15日(火) 12時50分
飛行中に操縦室フロントガラス爆裂、機長が語る極限の緊急着陸―中国
画像ID  991434
重慶を出発し、チベット自治区ラサ向かっていた四川航空の旅客機が14日午前、操縦室のフロントガラスが爆裂して吹き飛ぶトラブルを起こし、四川省の成都双流空港に緊急着陸した。
重慶江北空港を出発し、チベット自治区のラサ・クンガ空港に向け飛行中だった四川航空の旅客機が14日午前、操縦室のフロントガラスが爆裂して吹き飛ぶトラブルを起こし、四川省の成都双流空港に緊急着陸した。地元メディアの四川商報は同日、緊急着陸を成功させた機長に取材。極限状況下での操作の連続だったことが分かった。

事故を起こしたのはエアバス319の3U8633便で、午前6時25分に重慶江北空港を出発し、約3時間のフライトでラサ・クンガ空港に到着する予定だった。高度1万メートル前後を巡航飛行中に右側操縦席前のフロントガラスが吹き飛んだ。

操縦室内の気圧は地表の約4分の1に低下。室温も氷点下に低下した。さらに自動装置が使用不能になるなど極限下での緊急着陸を強いられることになった。以下は成都商報が紹介した劉伝健(リウ・チュワンジエン)機長とのQ&Aの概要だ。

記者:航空関係者に聞きましたが、非常に難しい着陸だそうですね。

機長:並大抵の難しさではありませんでした。飛行中に操縦室のガラスが爆裂してしまったのですから。まずは減圧です。突然の減圧で、鼓膜がやられました。室内温度も氷点下20−30度に低下しました。あまりにも温度が下がったのでは、操縦士が凍傷になってしまいます。メーター類を配したボックスもはずれてしまいました。操縦室内の騒音は極めて大きく、何も聞こえなくなりました。多くの無線は使えなくなりました。姿勢指示器だけを目視して操縦せざるをえなくなりました。

記者:1万メートル近くの高度で、酸欠にはなりませんでしたか。

機長:その点は客室と同様で、酸素マスクが自動的に降りてきますから、大きな問題はありませんでした。それから、操縦室と客室は別々に密封されていますから、客席では減圧や室温降下の問題は発生しませんでした。

記者:離陸は午前6時25分でした。事故が発生した位置と時刻を教えてください。

機長:午前7時過ぎだったと思います。正確には分かりません。成都双流空港から100キロメートルから150キロメートルの位置でした。

記者:何か前兆はあったのですか。

機長:何もありませんでした。いきなりです。「バン!」という巨大な音と共に、フロントガラスが爆裂しました。隣の操縦席を見ると、副操縦士の上半身がすでに機外に吸い出されていて、窓枠の外にぶらさがっている状態でした。安全ベルトをしていたので、(それ以上、吸い出されなくて)よかった。操縦室内に置いていたあらゆるものが吹き飛びました。多くの機器が故障しました。騒音が大きくて、無線を聞くこともできません。機体全体が強く震動しました。メーター類もまともに見ることができない。操縦は難しかった。

記者:どのように難しかったのですか。

機長:瞬間的に減圧して低温状態になると、人は耐え難い影響を受け、一つ一つの動作が非常に困難になります。分かりやすく言えば、氷点下45度の冬のハルビンで、時速200キロメートルで自動車を飛ばしていたとします。その時、窓を開けて腕を外に出したとします。その腕で、何ができますか。

記者:緊急事態発生の信号を出しましたか。

機長:降下を始めた時点で出しました。「支援を必要としている」という意味で、管制もだいたいの状況を理解してくれるはずの信号です。キーボードを操作して発信しました。

記者:自動装置が完全に機能しなくなり、メーター類も損傷した。飛行データを得られない状況で、どのように飛行する方向や着陸する空港の位置などを知ったのですか。

機長:すべて手作業でした。目視と自分自身の判断でした。民間航空機には多くの自動装置がありますが、頼ることはできなくなりました。ただ、私はこの路線を100回飛んでいるので、いろいろなことを熟知していたということは言えます。

記者:着陸に至るまで、自分の身体の状態は気になりませんでしたか。

機長:機を安全に着陸させることだけを考えていたので、自分の体について考えるゆとりはありませんでした。減速して高度を急速に下げねばなりませんでした。とてつもない騒音のなかで、自動装置も助けてくれない。完全に手動で目視に頼り、操縦桿(かん)に込める自分の力だけで、着陸を完成させねばなりませんでした。今、考えてみれば、私の体は震え続けていたはずです。

記者:飛行データによれば、降下を2度に分けていますね。最初は高度3万2000フィート(約9800メートル)から2万4000フィート(7300メートル)まで降り、その後に着陸態勢に入りましたね。どうしてですか。

機長:当初は速度が極めて大きく、(操縦室内の)騒音も極めて大きかった。まずは減速が必要でした。直接着陸態勢に入ったのでは、機体と搭乗者に損害が出る可能性がありました。

記者:事故発生から緊急着陸まで、どのぐらいの時間でしたか。

機長:20分ぐらいだったでしょう。

記者:騒音や温度低下の訓練も行っていると聞きます。

機長:訓練の初期段階で、練習機を使っての模擬訓練は行います。ただ、今回の事故は高度や速度が全く違っていました。

記者:今朝の天候はどうでしたか。緊急着陸に影響はありましたか。

機長:本当に天候に助けられました。今朝はほとんど雲もなく、視界は非常に良好でした。雨を伴う雲があったり、天候不良だったら、どんな結果になっていたか分かりません。

中国の航空関係者からは、劉機長の対応はじつに見事だったと称賛の声が出ている。無線の記録に残された劉機長の声も落ち着いており、必要な処置を果敢に続けたことが、緊急着陸を成功させたことに結びついたとの評価だ。「減圧は体に損傷を与える場合がある。後遺症が出ないことを望んでいる」との声も出ているという。(翻訳・編集/如月隼人
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事