千葉市の飲食店で一家4人が切り付けられ死傷、中国でも注目=「治安良い日本でも…」

配信日時:2018年5月15日(火) 10時40分
千葉市の飲食店で一家4人が切り付けられ死傷、中国でも注目浴びる
画像ID  991433
14日、千葉市の飲食店で13日起きた一家4人殺傷事件が中国でも報じられた。写真は日本地図。
2018年5月14日、千葉市の飲食店で13日に起きた一家4人殺傷事件が中国でも報じられた。

一家と共に食事をしていた親族の男が4人を刃物で切り付け、うち6歳の女の子が死亡、父母と女の子の1歳になる妹が重軽傷を負った。千葉県警が殺人未遂容疑で逮捕したのは女の子の母親の兄の小田求容疑者。同容疑者は3年前まで千葉市議を務めていたという。

中国・今日頭条に掲載された観察者網新媒体の記事は容疑者氏名が発表される前の日本の報道を引用したとみられ、記事は「何のトラブルがあったかは知らないが、子どもを切り付けなくてもよかっただろうに」「切り付けた人は家族の親族だったのか。何か恨みがあったのか分からないが本当に怖いな」などという日本のネットユーザーが寄せたコメントも紹介している。

一方、この記事に対して中国のネットユーザーからは「日本の犯罪発生率は低いが、完全にゼロというわけではない」「日本は治安が良い国。これは世界が認めるところだが、どの国だって凶悪事件は起きるということだ」などのコメントが寄せられている。(翻訳・編集/野谷
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Gin***** | (2018/05/15 11:26)

    昨日、犯人が逮捕された新潟の女児殺害事件のように、 幼い子供を狙う鬼畜による悲しい犯罪も起こる事はあるが、 日本で起きる殺傷事件は、主に「怨恨」によるものが多い。 無差別テロのようなものは、無くはないが、極端に少ない。 日本人が、外国で殺傷事件など凶悪な犯罪を犯す事も、 ほとんどない。 日本人は、国内外で、 外国人による凶悪な犯罪に巻き込まれるケースが 最も多いのではないだろうか。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事