無名の中国人モデル、レッドカーペットで胸をあらわに=「招待していない」ゲラン社が抗議文―カンヌ映画祭

配信日時:2018年5月15日(火) 19時20分
「招待してない」中国人モデル、レッドカーペットで胸あらわに
画像ID  991410
14日、第71回カンヌ国際映画祭でレッドカーペットを踏み、カメラの前で胸をあらわにした中国人モデルに対し、化粧品ブランドのゲラン(Guerlain)が「招待していない」と抗議文を公開した。
2018年5月14日、第71回カンヌ国際映画祭でレッドカーペットを踏み、カメラの前で胸をあらわにした中国人モデルに対し、化粧品ブランドのゲラン(Guerlain)が「招待していない」と抗議文を公開した。新浪が伝えた。

その他の写真

ゲラン社から抗議を受けたのは、20代の中国人モデルの趙欣(チャオ・シン)。16年の「ミス・ツーリズム・チャイナ」の優勝者だが、中国でもほぼ無名のモデルだ。開催中の第71回カンヌ国際映画祭で9日(現地時間)、コンペティション部門出品作「Leto」の上映会でなぜかレッドカーペットに参加しており。さらには胸を完全にあらわにしたドレスで登場したことで、集まった人々やメディアの目を引き付けた。

趙欣は5日、中国版ツイッターでカンヌ映画祭に参加すると表明。理由についてはゲラン社から招待されたと説明し、「CEO兼社長のローラン・ボワロ氏に感謝します。カンヌ、5月に会いましょう」と書き記していた。

この事態を重く見たゲラン社では、中国版ツイッターの公式ページに、趙欣の問題の投稿文を転載した上で、書かれた内容がすべて虚偽であると指摘。「ブランドにマイナスイメージを与える行為」と非難し、投稿文を速やかに削除するよう求めている。(翻訳・編集/Mathilda)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事