四川大地震で恋人を失った日本人男性が中国に移住、中国ネットから「ありがとう」「感動!」の声

配信日時:2018年5月14日(月) 20時20分
四川大地震で恋人を失った日本人男性が中国に移住、中国ネットが感動
画像ID  991237
12日、10年前の四川大地震で中国人の恋人を亡くした日本人男性のその後を日本メディアが取り上げた。写真は地震発生後の成都駅。
2018年5月12日、10年前の四川大地震で中国人の恋人を亡くした日本人男性のその後を日本メディアが取り上げた。この記事に、中国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

記事で紹介されているのは京都市出身の市川泰之さんだ。市川さんは2007年秋に四川省成都市に1カ月滞在し、宿泊先で働いていた彭飛さん(享年22)と相思相愛の仲になった。2人は翌年6月に成都で会う約束をしていたが、その日を目前に控えた08年5月に地震が発生。都江堰の実家に戻っていた彭さんが亡くなったと知らされた市川さんは急いで成都に戻り、泣きながら彭さんとの思い出の場所をさまよい歩いたそうだ。

記事によると、そんな市川さんが元気を取り戻すきっかけとなったのがボランティア活動で見た、逆境から立ち上がろうとする被災者たちの姿。彭さんや被災した人たちとの絆を保ち続けたいと考えた市川さんは09年に成都に移り住み、現在は日本語教師として現地で働いている。今月11日に都江堰の墓地に眠る彭さんのもとを訪れるなど、毎年墓参りを続けているそうだ。

この記事には中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられており、「ありがとう」「愛に国境はない。感動した!」「涙目」「早く苦しみから抜け出して新しい人生をスタートさせて」などと書き込む人も見られた。(翻訳・編集/野谷
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事