Record China

ヘッドライン:

四川大地震で恋人を失った日本人男性が中国に移住、中国ネットから「ありがとう」「感動!」の声

配信日時:2018年5月14日(月) 20時20分
拡大
12日、10年前の四川大地震で中国人の恋人を亡くした日本人男性のその後を日本メディアが取り上げた。写真は地震発生後の成都駅。

2018年5月12日、10年前の四川大地震で中国人の恋人を亡くした日本人男性のその後を日本メディアが取り上げた。この記事に、中国のネットユーザーがさまざまなコメントを寄せている。

記事で紹介されているのは京都市出身の市川泰之さんだ。市川さんは2007年秋に四川省成都市に1カ月滞在し、宿泊先で働いていた彭飛さん(享年22)と相思相愛の仲になった。2人は翌年6月に成都で会う約束をしていたが、その日を目前に控えた08年5月に地震が発生。都江堰の実家に戻っていた彭さんが亡くなったと知らされた市川さんは急いで成都に戻り、泣きながら彭さんとの思い出の場所をさまよい歩いたそうだ。

記事によると、そんな市川さんが元気を取り戻すきっかけとなったのがボランティア活動で見た、逆境から立ち上がろうとする被災者たちの姿。彭さんや被災した人たちとの絆を保ち続けたいと考えた市川さんは09年に成都に移り住み、現在は日本語教師として現地で働いている。今月11日に都江堰の墓地に眠る彭さんのもとを訪れるなど、毎年墓参りを続けているそうだ。

この記事には中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられており、「ありがとう」「愛に国境はない。感動した!」「涙目」「早く苦しみから抜け出して新しい人生をスタートさせて」などと書き込む人も見られた。(翻訳・編集/野谷

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国の大地震は地熱発電が原因?大規模な国家賠償の可能性も=韓国ネット「自然に挑んだ愚かな行為だった」「そんな危険を無視して…」

27日、韓国メディアは、昨年11月に発生したマグニチュード(M)5.4の浦項地震について「原因が地熱発電にあるとする主張が国際学界で受け入れられ、波紋が予想される」と伝えた。資料写真。

Record China
2018年5月1日 6時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング