「中国では絶対にありえない」、東京都が制定目指す「ある条例」に中国ネット感銘

配信日時:2018年5月15日(火) 4時20分
「中国ではありえない」、東京都が制定目指す条例に中国ネット感銘
画像ID  991136
14日、東京都が性的少数者(LGBT)差別とヘイトスピーチ防止のための条例を制定する方針が、中国でも注目を集めている。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2018年5月14日、東京都が性的少数者(LGBT)差別とヘイトスピーチ防止のための条例を制定する方針が、中国でも注目を集めている。

5月11日、東京都の小池百合子都知事が、LGBTへの理解やヘイトスピーチ規制などを盛り込んだ条例の制定を目指すことを明らかにした。法案は9月に議会へ提出され、来年の施行を目指しているという。

これを受け、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でLGBTに関する情報を投稿するアカウントは12日、「小池都知事は2020年の東京五輪を迎えるに当たり、ダイバーシティー(多様性)を実現することが必要であると表明した。この種の条例は、日本の大都市の中では初で、アジアの中でも先進的なことである」と伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーからは「中国ではいまだに、同性愛に関するニュースや映画、ドラマなどを締め出している」「思想の開放という面では、われわれは日本に遠く及ばない」「中国はこの方面では遅れていると言わざるを得ない」などのコメントが寄せられた。

また、「率直に言って、日本は多くの面で中国のずっと先を行っている。この件については、中国では絶対にありえないこと」「隣国の進歩的な行動が、中国に良い影響を及ぼすことに期待したい」という意見もあり、多くのネットユーザーが東京都の取り組みを好意的に受け止めているようだった。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事